夏休みの間

103 の用例 (0.01 秒)
  • なんでも、夏休みの間にはじめの悪名が隣の学区まで届いていたらしい。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • そのほとんどを、聡美は夏休みの間じゅう泊まっていた祖父の家で描いた。 村山由佳『星々の舟』より引用
  • 私達も夏休みの間は軽井沢へ行ったが、学校が始まると一足先に帰って来る。 吉川英明『父 吉川英治』より引用
  • 夏休みの間に起こった出来事がまるで嘘だったかのように、ごく普通の生活に戻っていたのだ。 山田悠介『@ベイビーメール』より引用
  • 夏休みの間、徹は二度と自分の気持ちを、陽子に持ちだすことはしなかった。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 私が両親に連れられてはじめて悲劇を見たのは、そうした夏休みの間のことでした。 辻邦生『北の岬』より引用
  • だからこの夏休みの間に女を卒業しておいてくれよ。 きだ・みのる『道徳を否む者』より引用
  • 腹が立つ、腹が立つ、と思いながら勉強したら、夏休みの間に急に成績が伸びた。 万城目学『ホルモー六景』より引用
  • うーむ、夏休みの間に頑張がんばってたやつってのはけっこういるもんなんだな。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第03巻』より引用
  • 髪の色を抜いていたのは、夏休みの間だけだったらしい。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖1 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』より引用
  • 三年生は、夏休みの間にすでに工場に出動したとて、学校には一年と二年しか居ない。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 少なくともこの夏休みの間は、もう会うことはないだろう。 米澤穂信『夏期限定トロピカルパフェ事件』より引用
  • 兄は、夏休みの間ずっと、どこかの裏山で秘密基地ごっこのようなことをしていた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その1』より引用
  • こうして2人は夏休みの間、他の寮生に気づかれないように同棲生活を始める。
  • 夏休みの間、北杜夫の本、私の本も大いに読んでくれたまえ。 遠藤周作『ぐうたら好奇学』より引用
  • それで十七年の夏休みの間は本郷町の進文学舎とかいふ処へ英語を習ひに往つた。 正岡子規『墨汁一滴』より引用
  • 夏休みの間に、大学に機動隊が入り、バリケードが破壊された。
  • 夏休みの間の大きなイベントの一つである。
  • 前作で家族の住むアメリカへ旅立った涼子が夏休みの間、主人公の家に戻る場面から始まる。
  • インドでは、夏休みの間が社交シーズンと言われていた。 高殿円『カーリー 1 黄金の尖塔の国とあひると小公女』より引用
  • 次へ »