夏休みの補習

10 の用例 (0.00 秒)
  • 夏休みの補習、とか言っておきながらしっかり完全下校時刻まで拘束された。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • 上条も夏休みの補習で一回乗って以来、内緒ないしよで電車を使うように心がけていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第06巻』より引用
  • そしたら一緒に海でも行きたいけど、夏休みの補習が終わってからだな、と言った。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • 上条としてはもうそろそろ学校へ行かないと夏休みの補習に間に合わない訳だが、かと言ってこんな得体の知れない人間を部屋の中に残していく訳にもいかない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • やや現実逃避を始めた上条の頭に、ようやく『夏休みの補習』という言葉が浮かんできた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • そこに存在する県立学園・東台校のとある教室では、水泳部部員の最所弌と水島朝が古文・漢文教師にして水泳部の顧問でもある伊部本一郎の下で、夏休みの補習授業を受けていた。
  • 通常、『夏休みの補習』と呼ばれるモノは夏休みの初日に行われるものだし、実際に上条のクラスも補習は七月一九日から七月二八日にかけて行われた、らしい。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • そして今朝、夏休みの補習を前に業を煮やした令子が問い詰めると、バットを振り上げたという。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 夏休みの補習や、学習合宿も希望制である。
  • 東北地方の山河高校の、落ちこぼれ学生だった友子ら13人の女子生徒は、夏休みの補習授業をサボるために、食中毒で入院した吹奏楽部のピンチヒッターに応募する。