夏休みのあいだ

24 の用例 (0.00 秒)
  • 夏休みのあいだのある期間、子供たちのために灯台の内部が公開された。 片岡義男『私はいつも私 片岡義男 恋愛短篇セレクション 別れ』より引用
  • うちの学校の料理部は、夏休みのあいだは月曜日だけの活動となっている。 松野秋鳴『えむえむっ! 第03巻』より引用
  • 夏休みのあいだずっと遊びほうけていて、ふと気がつくと八月も終わり。 高橋直子『競馬の国のアリス』より引用
  • 夏休みのあいだにもう一度よく考えてから、二学期にはみんなときちんと話をしましょう。 石田衣良『うつくしい子ども』より引用
  • 天吾は夏休みのあいだは予備校で週に四日講義をし、それ以外の時間を小説の執筆にあてた。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • せめて夏休みのあいだだけでも、屋敷を壊す作業を中止してもらえませんか。 野村美月『文学少女シリーズ06 “文学少女”と月花を孕く水妖』より引用
  • それでですね、夏休みのあいだだけ、僕の荷物をあずかって頂けないですか。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 夏休みのあいだ、ケンタくんは横町の子とずーっと一緒に遊んでいました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • だがあの二人っきりの夏休みのあいだ、テレーズは膝の上でねむっている顔を見たのは影でしかなかった。 モーリアック/遠藤周作訳『テレーズ・デスケルウ』より引用
  • 夏休みのあいだは、職員室に行きたくなかった。 氷室冴子『海がきこえる』より引用
  • 真実を知らされないまま、11歳の娘はその夏休みのあいだ、ほとんど毎日のように実の父親に凌辱りようじよくされ続けた。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • 夏休みのあいだに同級生の女の子が描いた一枚の絵は、あまりにも私を打ちのめしたものだから、実際の記憶のように心にはりついている。 角田光代『これからはあるくのだ』より引用
  • とはいえ夏休みのあいだ、まだしばらくは混雑は続く。 鷲田清一『てつがくを着て、まちを歩こう ―ファッション考現学』より引用
  • 夏休みのあいだ顔をあわせることのなかった同級生に、新学期の最初の日に挨拶しているみたいな気軽な口調だった。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 夏休みのあいだ顔を見ないでいた時間をひととびに飛びこして、わたしたちはまたあの雷のとどろいていた夕暮の時とおなじ気持のなかにひたされた。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • 夏休みのあいだ、一日に一時間半、縁側に座って物思いにふける。 角田光代『あしたはうんと遠くへいこう』より引用
  • 夏休みのあいだに、雪子は十三歳になった。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • 夏休みのあいだ、伊豆のペンションにアルバイトにいくことを、葵の母は昨日の深夜まで認めなかった。 角田光代『対岸の彼女』より引用
  • ひさしぶりに会う友だち同士、声をかけ、たがいに夏休みのあいだになにをしたかを自慢しあう。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 綾人としては遺跡調査なんて辛気くさいと思ったのだが、だからといって夏休みのあいだ家にいるのもうっとうしかった。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 次へ »