夏休みに帰省

16 の用例 (0.00 秒)
  • 夏休みに帰省する私と、偶然列車が一緒だったことがある。 林真理子『初夜』より引用
  • たとえば夏休みに帰省していた期間などがそうで、実家で見たテレビのニュース画面が、ふと思い浮かんだりする。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 東京の人たちは地方の事情をよく御存知あるまいが、僕たちの学生時代に最もうるさく感じたのは、毎年の夏休みに帰省きせいすることだ。 岡本綺堂『水鬼』より引用
  • ヒルダが二十歳、コニーが十八歳になった一九一三年の夏休みに帰省したとき、二人がすでに恋愛の経験をへていることを、父は手もなく見ぬいてしまった。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • 自分が高等学校入学とともに郷里を離れ、そうして夏休みに帰省して見るたびに、目立ってそれが大きくなっているのであった。 寺田寅彦『庭の追憶』より引用
  • 夏休みに帰省中、鏡川原かがみがわらの納涼場で、見すぼらしい蓆囲むしろがこいの小屋掛けの中でであった。 寺田寅彦『映画時代』より引用
  • それを譲り受けた人もまた代替りがしまして、今では別の商売になっていますが、それでも店だけは幾分か昔のすがたを残していまして、毎年の夏休みに帰省しますときには、いつも何だか懐かしいような心持で、その店をのぞいて通るのでございます。 岡本綺堂『青蛙堂鬼談』より引用
  • 少なくも、そういうふうにその時の先生の話を了解したので、急に優勢な援兵を得たように勇気を増して、夏休みに帰省した時にとうとう父を説き伏せ、そうして三年生になると同時に理科にくらがえをしたのである。 寺田寅彦『田丸先生の追憶』より引用
  • 夏休みに帰省した後、関東大震災の混乱でしばらく東京に戻れなかったが、1929年に立教大学を卒業し帰国した。
  • 多代子がこの夏休みに帰省をいやがること、兄の透が無理に明朝の列車で連れて帰ろうとすること、それらを逐一聴き終って刑事はまた考えていた。 岡本綺堂『深見夫人の死』より引用
  • 夏休みに帰省して、海でさんざん泳いだ後、身体からだが冷えているからかき氷なんか食べてはいけないと小言を言われて、口答えしたのがきっかけで喧嘩けんかになった。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • 夏休みに帰省している間は毎晩のように座敷の縁側に腰をかけて、蒸し暑い夕なぎの夜の茂みから襲ってくる蚊を団扇うちわで追いながら、両親を相手にいろいろの話をした。 寺田寅彦『庭の追憶』より引用
  • 夏休みに帰省した自分は松島の五大堂へ青セーターを連れ出し、8ミリ映画を作るのだ。 井上ひさし『青葉繁れる』より引用
  • 広島市皆実町の加藤一孝クンは、東京で勉強している学生だが、春休み、夏休みに帰省した時、地元『中国新聞』の切抜きを送ってくれる。 永六輔『遠くへ行きたい』より引用
  • しかし、普通の少年ならまだ父母の膝下に甘えて育つ十歳という年頃としごろに、藤村だけは遠く肉親をはなれ、他人のを気にしながら暮して、おそらく夏休みに帰省することもかなわなかったという事実は、そんなに当り前のこととも思われない。 島崎藤村『破戒』より引用
  • だが、入学したとたんに遊びふけり「バカ大学生」化し、ほとんど描けなくなり、留年のピンチで夏休みに帰省してパニックになる。