変調を感じ

9 の用例 (0.00 秒)
  • 自分でも身体の変調を感じていたのかもしれないな。 石田衣良『下北サンデーズ』より引用
  • 目的の空域に迫った時、不死王はふと、その月光にわずかな変調を感じた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • しかし足を励まして歩き続ける内に、蒼は体の変調を感じた。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 三沢はその時すでに暑さのために胃に変調を感じていた。 夏目漱石『行人』より引用
  • 「あの連中は全然体の変調を感じてないようだ」と、わたしはゴルフ場のほうを指さしながら言った。 ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』より引用
  • 身体の変調を感じたのだ。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • 箱崎が身体の変調を感じてからもう長い。 泡坂妻夫『亜愛一郎の逃亡 (亜愛一郎シリーズ3)』より引用
  • いずれ草木くさきの茂った加賀屋敷のどこかに住んでいたのがこの頃の気圧の変調を感じてさまよい出て、途中でこの籠の鳥を見附けたものだろう。 森鴎外『雁』より引用
  • ベッテルはマシンの変調を感じてウェバーに抜かれた。