変み

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • ただそこに、犀星においては変り身ということがなかつた。 ...
  • 演技者がオーバーなこともあってその変り身の早さ、露骨さにぼくは驚いた。 ...
  • 不潔で、変り身の早いやつは、いつの時代、どこにもいるものだ。 ...
  • その奇妙な変り身が、五十島に言わせると、むずかしいのだそうだ。 ...
  • いや、それはただ動作としては顔をこちらに向けたにすぎなかったが、その変り身の凄じさは武芸者が隙を襲われたときに反応する気魄に似ていた。 ...
  • その変り身の早さも見事というほかなかった。 ...
  • その変り身のみごとさは、生れてから二十数年浪人暮しだった安兵衛でも、及びもつかぬものであった。 ...
  • その変り身があまり素早かったからである。 ...
  • きのうまでの佐幕熱はいっぺんに消えて、われもわれもと御一新風に衣替えする変り身の速さは見事というしかなかった。 ...
  • 股平の口の軽さ、変り身の早さは船場でも評判である。 ...
  • 彼には英子のこうした変り身の早さが好もしかった。 ...
  • その変り身の素早さは驚異的であった。 ...
  • だがその洗練された装いと化粧の中にまぎれもなくかつてのOLのおもかげを見出したとき、和多田は女の変り身の見事さにまた言葉を奪われてしまった。 ...
  • 荒木はこんな工合に、変り身の速さで生きつづけて来たわけだが、それはこの時代の小豪族の生きのびる知恵というべきで、非難さるべきではない。 ...
  • 自然主義的な「私」小説の世界はくすんでいる代りに容易には変り身もきかないし、時勢に調子をあわせることもできなかった。 ...
  • 置かれている状況がどう変ろうと、変り身早く、何でもいち早く順応して、しかもエンジョイして何とか己れの生き方の一部に組み込んでいってしまうようで、矛盾や戸惑いを見せない。 ...
  • 躑躅つつじが大変みごとになりました。 ...