売れるわけがない

11 の用例 (0.00 秒)
  • 東京でそのような物が売れるわけがないと、目先のきかない彼に対して、ため息がでるのだ。 群ようこ『飢え』より引用
  • その時代にあって、AV女優インタビュー集などという地味な本が売れるわけがない。 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • 収録でも「自分は機械人間ではないので、言われた通りに歌うことはできない」と我流を通し、こんな曲が売れるわけがない、と主張していた。
  • 中日が巨人と激しい優勝争いをしていることもあってこの曲のヒットを確信した板東は山本から版権を買おうとしたが、「売れるわけがない」というマネージャーの発言で断念したという経緯がある。
  • 今では考えられないことだが、1970年代当時は「CMタイアップの曲など売れるわけがない」といった意見が大多数を占め、殆どのレコード会社は発売を請け負ってくれなかったと言われる。
  • エルトン本人は売れるわけがないと思っていたが、ラジオのリクエスト数が後押しとなり、シングル・カットされた。
  • 当初は、「こんな赤いレタスが売れるわけがない」と青果卸売業者からも門前払いされるほどであったが、日本に駐在する外交官など葉レタスに食べ慣れた外国人を中心に話題を呼び、およそ10年の歳月を費やし徐々に供給体制の整備を進めていった。
  • 吉本社員の「売れるわけがない」という発言は彼ら二人の、特にさんまのモチベーションに繋がった。
  • 「ルビーの指環」を当時本人が所属していた石原プロモーションの関係者に聴いてもらったところ、「こんなお経みたいな曲が売れるわけがない」と小林正彦専務は難色を示したが、同社社長の石原裕次郎の「いいじゃないの」の一言でレコード化が決定した。
  • 大ヒットした「ルビーの指環」は、石原プロの関係者に聴かせたところ、「こんなお経みたいな曲が売れるわけがない」と専務の小林正彦が難色を示したが、社長の石原裕次郎の「いいじゃないの」の一言でレコード化が決定したという逸話がある。
  • 作曲者のいずみたくと中村八大が手がけた音楽を特集したNHK-BS2の特別番組『BSエンターテインメント 昭和歌謡黄金時代 〜中村八大といずみたく〜』に佐良がVTR出演した際、「当初は、こんな童謡みたいな曲が売れるわけがない、と思った」とコメントを寄せた。