売り歩く

151 の用例 (0.00 秒)
  • 亭主は季節のものを売り歩く行商人だと近所の者にはいっていたらしい。 平岩弓枝『御宿かわせみ 33 小判商人』より引用
  • 外国ではこんなふうに自転車に乗って売り歩く習慣があるのかしら。 阿刀田高『猫の事件』より引用
  • 練馬の百姓が大根を馬につけて江戸中を売り歩いたが、一本も売れない。 宇野信夫『江戸の小ばなし』より引用
  • 二人が弁当を売り歩いていたら、ある店でたまたま顔が合ったんです。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • 青年が街道かいどう沿いで荷物をかつぎながら売り歩くたぐいの商人ではないことは明白だ。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅠ Side ColorsⅡ』より引用
  • その温室を売り歩いたお金で借金を返せるのも何かの縁なのでしょう。 田丸公美子『パーネ・アモーレ イタリア語通訳奮闘記』より引用
  • はじめて電球を売り歩いた日、荷物がグッと軽くなって嬉しかったこと。 赤瀬川原平『少年とオブジェ』より引用
  • 奪った品物は、別の中国人を使って、中国や台湾の女の子に売り歩くの。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • これもご縁だ、紅を売り歩く先で、お探しの人のことを聞いて歩いてもいいですよ。 畠中恵『ぬしさまへ』より引用
  • 京都の八瀬やせや大原一帯で作られ、大原女おはらめが頭にのせて京の町を売り歩いた。 大岡信『名句歌ごよみ[冬・新年]』より引用
  • 地域によっては、軽トラックに専用の鉄板を積んで売り歩く姿も見られる。
  • 祖父は十六歳で呉服の行商をして、日本海岸の漁村を売り歩いていた。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • 自分の売り歩く製品に絶対に自信を持っているのである。 東海林さだお『ショージ君の青春記』より引用
  • 夏になると、たしかに緑色の蚊帳を幾張いくはりかかたにして売り歩いていた小商人こあきんどがいた。 吉村昭『事物はじまりの物語』より引用
  • エアゾールの殺虫剤を片手に売り歩く親切なノゾキ屋さんもいるそうな。 阿刀田高『江戸禁断らいぶらりい』より引用
  • 郊外の大部分を私はそんな風にして卵を売り歩いて了った。 松永延造『職工と微笑』より引用
  • この女にしたところで、生前に蛇の干物を干魚だと偽って売り歩いていた。
  • 扇子が売れなくなると、私は一つ一銭のアンパンを売り歩くようになった。 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • 幼少期よりビジネスの才を発揮し、自転車でマッチを近所に売り歩いた。
  • 自転車で売り歩いているタイ人はあくまでも連中の手先に過ぎない。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • 次へ »