声高に読ん

18 の例文 (0.00 秒)
  • メニューを声高に読みあげて、その味について、勝手な意見をいっている。 ...
  • 中に文字の読める者がいるらしく、声高に読んで聞かせる声がした。 ...
  • その方がよくわかるからと言って声高に読んでいた。 ...
  • 彼は訳がわからずにそれを取り上げて声高に読んだ。 ...
  • 私はよい詩を読むときのあの情感をこめて、声高に読んだ。
  • 声高に読んでいた紙をとり上げると、熱心に目を走らせた。 ...
  • 書記はまた別のタイプライターの紙片をとりあげると、声高に読み始めた。
  • だが、その原因が何かは『漁夫とその妻』の物語を声高に読んでいる間、はっきりとは分らなかった。 ...
  • メグレはその二本の電報を、治安判事コメリオ氏の前で声高に読みあげた。 ...
  • それからご主人は私に背の黄色い小説を渡され、私の椅子を少し横へよせられて、こちらの影が本にささないようにして、声高に読んでくれと申されました。 ...
  • しかし相手は執拗しつようで、評論の初めを声高に読みだした。 ...
  • 彼は声高こわだかに読んだ。 ...
  • スポックが抑揚のない口調で声高に読んだ。
  • 寝台のわきに靴なおしのエプロンをかけた老人の小男が坐り、角製の眼鏡をかけて、聖書からの言葉を声高に読んでいた。 ...
  • ある日、ルノアール市場いちばの一軒の酒屋の門口で、濃い頤髯あごひげのあるイタリー音調のひとりの男が、車除石の上に上って、神通力を発散してるかと思われるような不思議な文を声高に読み立てていた。 ...
  • わたしは見事な筆蹟に内心得意になりながら、批評家然と構えている友人の細菌学者に、声高に読んできかせた。
  • 私共がききかえす間もなく、 「一日に大地震があった後に大火災で、全滅だと云うこっちゃが」 彼は、立ったまま、持って来た号外を声高に読み始めた。 ...