声色

全て 名詞
815 の例文 (0.00 秒)
  • 夫が人形のために女の声色を使っていたことも、疑う余地はありません。 ...
  • 声色には厳しいものが含まれていたため、俺はへらへらと笑って過ごした。
  • 女の声色など使ってないが、あの女の口調にそっくりだったからだ。 ...
  • 表情と声色だけで、可成り演技ができる芝居が十九世紀に書かれすぎた。 ...
  • 日本語吹き替え版では新旧それぞれに同一声優が声色を変えて演じている。 ...
  • どうも芝居の真似まねなどをしたり変な声色こわいろを使ったりして厭気いやけのさすものです。 ...
  • そこへ向うに立っていた、の低い声色遣こわいろつかいが一人ひとりやはりこちらへ歩いて来る。 ...
  • 登場した当初は声のエフェクトが強く、より機械的な声色であった。 ...
  • この2代目金朝も芝居噺を演じ特に初代市川左團次の声色を得意とした。 ...
  • いつか池波さんが何かのときに、一言牧野さんの声色をやったでしょ。
  • 新劇俳優がこわいろの対象になったのは、水戸黄門がキッカケであろう。 ...
  • 教授に逢って二三世間話をし、その間に貴様が教授の声色こわいろや癖を研究する。 ...
  • 左楽の門下になる前から歌舞伎の声色をやっていた模様でかなりの腕だったという。 ...
  • 他の方が蝙蝠安をやっても、何か松助さんの声色をみんなお使いになるんです。 ...
  • 声色を遣うことは考えていたけれど、相手にはどう聞こえているかは分からない。 ...
  • 声色から、私の必死な思いを汲み取ってくれるのを祈るしかなかった。 ...
  • ラジオや寄席の声帯模写にもしばしば私の声の声色が登場して苦笑している。 ...
  • 次へ