声楽

全て 名詞
1,906 の用例 (0.01 秒)
  • 世界的に有名な声楽家になって、お母さんを捜すのが君の夢なんだろう? 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 彼にもピアノを習わせたものの、小学校の時にやめ声楽の道へと進んだ。
  • 呼吸法など中心とした現代の声楽発声法の訓練法とは大きく異なっている。
  • 小学校の頃よりピアノ、声楽の先生である母の影響によりピアノを習う。
  • 拓海にしても、声楽家がどんなものであるかが、よくわかってはいない。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • それは演奏家や声楽家、俳優たちにも共通することかも知れなかった。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • その他のクラムの声楽曲の多くがデガエターニのために作曲されている。
  • 声区と声種の違いは声楽の訓練を積んでいる人にもわかりにくいものである。
  • 声楽をしていた時に憧れていたイタリアに行こうと思ったんですね。 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • また、演奏される方法によって、器楽曲と声楽曲に分類することもある。
  • いくつかの声楽曲も作曲したが、こちらはさほど評価が芳しくなかった。
  • 次第に大学で声楽を勉強していた姉の影響を受け、歌に興味を持つ。
  • 低い声の時は声楽にきく丸味と落つきがあってよかったが甲声が悪い。 宮本百合子『日記』より引用
  • 作品の多くはピアノ曲であるが、声楽曲にも優れたものが見られる。
  • 乗客たちの話は、商売のこと、新しい声楽家のこと、露仏協商のことだ。 チェーホフ・アントン『決闘』より引用
  • 胸声は、西洋音楽の用語で、特に声楽の用語としてよく知られている。
  • 小林 千代子は、日本の戦前期に活動した流行歌歌手・声楽家である。
  • リリー・ブーランジェの主要な声楽作品の録音は、国際的に評価が高い。
  • 有名な声楽家柳兼子がその夫人であることは改めていうまでもない。 大宅壮一『炎は流れる3 明治と昭和の谷間』より引用
  • 父から聞かされていたのは、娘より声楽家の道を選んだ妻の話だけ。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 次へ »