声を遮るよう

12 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女の悲痛な声をさえぎるように、おれはまわしい名前を口にした。 喬林知『今日からマ王 第08巻 「天にマのつく雪が舞う!」』より引用
  • その声を遮るようにして戸を閉め、怒りもあらわな足取りで進んだ。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 運転手の声を遮るように車載電話が鳴りはじめた。 馳星周『生誕祭(上)』より引用
  • 言いかけた新垣の声を遮るようにドアを閉めた。 神永学『コンダクター』より引用
  • そのチョン子の声を遮るようにアキラが「イーブさん、不安だからここに居て」と言う。 中上健次『讃歌』より引用
  • 仁平は男の声を遮るように叫んだ。 玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』より引用
  • それに対して女医も、この捜査にのっているのか、乃木の耳に口をよせ、掌で声を遮るようにして秘密めかして小声で答えた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 波潟の声を遮るように、リエと小百合が戻ってくる。 馳星周『生誕祭(下)』より引用
  • 日登美は新庄の声を遮るように言った。 今邑彩『蛇神』より引用
  • 冷たく甲高い声が彼の声を遮るように響く。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • その声をさえぎるように、雪見が空を見上げる。 久弥直樹『SEVEN PIECE』より引用
  • 聞き返し、ようやく「ロンドン病院へ」と解った彼女の声を遮るように、女性は「いいえ」と云った。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用