声をそろへ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 耳の下では鉱物どもが 声をそろへて叫んでゐた。
  • 子供らは叫んで逃げ出さうとしましたが、大人はびくともしないで、声をそろへて云ひました。 ...
  • 狐の学校生徒は声をそろへて叫びました。
  • それがすむと聖歌になつて、村人たちは声をそろへて歌ひました。 ...
  • 時の右傾的批評家は声をそろへて彼の出現を謳歌した。 ...
  • 弟は声もよくて多くのあたらしい歌を知つてゐたから、私たちはそれらを弟に教へてもらつて、声をそろへて歌つた。 ...
  • それに伴れて弟の宮田も同じく声をそろへた。 ...
  • そして、一同は声をそろへて、早稲田の歌をうたつた。 ...
  • そして一層、一刻も早く使者として遺すための一名のジヨーカーを抜き出すべく、一同の者は輪をつくつて、じやんけんの声をそろへた。
  • みんなはまた声をそろへてたづねました。
  • かれらは声をそろへて唄ひながら二人のそばへ近寄つたが、要次郎は片手でおせきの右の手をしつかりと握りながら、わざと平気で歩いてゐると、その影を踏まうとして近寄つたらしい子供は、なにを見たのか、急にわつと云つて一度に逃げ散つた。 ...
  • それに伴れて、細君もメイ子もそして酒飲連も一勢に声をそろへて、月の歌をうたつて、面白気であつた。
  • ある日のちやうど日の出ごろ、ラユーの町の人たちは、はるかな北の野原の方で、鳥か何かがたくさん群れて、声をそろへて鳴くやうな、をかしな音を、ときどき聴いた。 ...
  • 河原から村宿へかけての一筋の街道に長蛇の列をつくつて、悲壮気な歌の声をそろへながら村人が総出の立働きの光景を、遥かに窓から見渡してゐると、ピラミツドを造営するエヂプト人の有様などが髣髴された。 ...
  • はたこなたへとしるべするにやあらんと草鞋のはこび自ら軽らかに箱根街道のぼり行けばひよどりの声左右にかしましく 我なりを見かけてひよの鳴くらしき 色鳥の声をそろへて渡るげな 秋の雲滝をはなれて山の上 病みつかれたる身の一足のぼりては一息ほっとつき一坂のぼりては巌端に尻をやすむ。 ...
  • 私達は、砂浜から窓をめがけて、声をそろへて、 「ムスビとサイダーを持つて来てくれーツ」などゝ叫んだ。 ...