声が次第に高くなり

3 の用例 (0.00 秒)
  • といった声が次第に高くなり、経をよんでいた坊さんが驚いてふりむいた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 23 源太郎の初恋』より引用
  • 元寇げんこう以来、二十年、北条氏を怨嗟えんさする声が次第に高くなりつつあった。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • 彼女の声が次第に高くなり、しまいに、歌で知っているあの声にほとんどちかい調子になったとき、ぼくが、ぼくたちの和解をこんなにちっぽけに考えていたことが恥ずかしかった。 リルケ/星野慎一訳『マルテの手記』より引用