声が次第に大きく

14 の用例 (0.00 秒)
  • 声が次第に大きくなってきて、奇妙にもサンダルをはいた足と短いローブが見えた。 クラーク・アシュトン・スミス/大瀧啓裕訳『ゾティーク幻妖怪異譚』より引用
  • 電話の声が次第に大きくなってくる。 津村秀介『瀬戸内を渡る死者』より引用
  • 感情が激してきて、声が次第に大きくなってくるのを、どうしても僕は抑えられなかった。 梶山季之『族譜・李朝残影』より引用
  • 保郎の声が次第に大きくなった。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • だが、抑えきれずにその声が次第に大きくなる。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 翡翠のしゃべる声が次第に大きくなってきたのか、だんだんと何を言っているのか聞き取れるようになってきた。 奈須きのこ『歌月十夜 49 夢限回廊』より引用
  • 退陣、政権交代という声が次第に大きくなりはじめてはいる。 半村良『産霊山秘録 下の巻』より引用
  • すすり泣きの声が次第に大きくなり、母はやがてうつぶした。 鷺沢萠『海の鳥・空の魚』より引用
  • グイードの声が次第に大きくなった。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 涼子の声が次第に大きくなる。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • セミの声が次第に大きくなる。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その1』より引用
  • 怒りわめく声が次第に大きくなって、夜空にこだました。 イネス/皆藤幸蔵訳『銀塊の海』より引用
  • CDU議員団の中からも、バルツェルの権力亡者ぶりを批判する声が次第に大きくなり、党内には副党首であったヘルムート・コール待望論が出てくるようになっていった。
  • いや、そればかりでなく、隣りの部屋ですすり泣く声が次第に大きくなって、やがてそれは押えきれない嗚咽おえつと変り、平次と八五郎を驚かすのです。 野村胡堂『銭形平次捕物控 10』より引用