声が次第に

98 の用例 (0.00 秒)
  • 老人がなにかしきりに話しかけていたが、その声が次第に遠のいて行く。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 舟の進むにつれてこの小さな港の声が次第に聞こえだした。 国木田独歩『少年の悲哀』より引用
  • 筑紫は野犬の唸り声が次第に恐怖の悲鳴に変って行くのをはっきり感じた。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(下)』より引用
  • 異常なほど眠っていることが多くなって、声が次第に遠のいていく。 深草小夜子『悪魔の皇子 アストロッド・サーガ』より引用
  • 戦争を批判する声が次第に小さくなりはじめている。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース3』より引用
  • といった声が次第に高くなり、経をよんでいた坊さんが驚いてふりむいた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 23 源太郎の初恋』より引用
  • 階段をのぼる足音とともに、声が次第にはっきりと聞こえてくる。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • 元寇げんこう以来、二十年、北条氏を怨嗟えんさする声が次第に高くなりつつあった。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • 声が次第に大きくなってきて、奇妙にもサンダルをはいた足と短いローブが見えた。 クラーク・アシュトン・スミス/大瀧啓裕訳『ゾティーク幻妖怪異譚』より引用
  • 竜二の声が次第に熱を帯びてくる。 川又千秋『狂走団』より引用
  • 電話線を通じて聞こえるヒロ子さんの声が次第に弱々しいものになっていくのがわかった。 川上弘美『蛇を踏む』より引用
  • しかし最晩年になると多くの批評家から、書き飛ばしているという非難の声が次第に高くなっていった。
  • 電話の声が次第に大きくなってくる。 津村秀介『瀬戸内を渡る死者』より引用
  • アクセントのおかしいイタリア人の声が次第に高くなる。 寺田寅彦『イタリア人』より引用
  • 感情が激してきて、声が次第に大きくなってくるのを、どうしても僕は抑えられなかった。 梶山季之『族譜・李朝残影』より引用
  • 保郎の声が次第に大きくなった。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 耕造は妙子の声が次第に遠去かって行くのを、薄れ行く意識の中で感じていた。 赤川次郎『自選恐怖小説集 さよならをもう一度』より引用
  • 犬の声が次第に近づいてきた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 4 東征の巻(上)』より引用
  • うなずきうなずき黙って聞いている佐枝に、耕作の声が次第に高くなってくる。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 声が次第にはっきり聞こえてきた。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 次へ »

声が次第に の使われ方