声が掛かる

40 の用例 (0.00 秒)
  • この実況が評判となり、次第にシーズンを通して声が掛かるようになった。
  • それ以降は一軍から声が掛かることなく、31試合の出場に終わった。
  • あなたほどの美貌なら、監督の誰かから声が掛かるかもしれないわよ?
  • 店を出ていくらも行かぬうちに、女の背中に声が掛かった。 古橋秀之『ブライトライツ・ホーリーランド』より引用
  • たがいにどうしたものかと、思案しあんしていると突然に声が掛かった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編02 切れる女に手を出すな』より引用
  • それで運が向いてくるなら、もう三十の声が掛かるというのに居候などしているわけがない。 井上ひさし『手鎖心中』より引用
  • 職員室で帰り支度をしていると、向かいの席から声が掛かった。 唯川恵『不運な女神』より引用
  • 山丁から声が掛からなかったのを幸いと思っていた自分の迂闊さを伊三次は悔やんだ。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • それで声が掛かる、と六代目の糸が切れてしまうんです。 尾上松緑『松緑芸話』より引用
  • 高座への声が掛かっても「わたしは、もう・・・」と上がらなかった。
  • はじめ猫捕獲ほかく計画を脳内で立案していた私に声が掛かった。 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • と声が掛かって、非道いときには、懲罰房行きとなってしまいます。 安部譲二『ぼくのムショ修業』より引用
  • その時、その女性陣にうしろからさらに声が掛かった。 九条公人『機動戦艦ナデシコ ルリとアキト熱愛編』より引用
  • この放送がきっかけで映画や舞台に次々と声が掛かり、一躍人気タレントとなった。
  • と待ってましたとばかり声が掛かります。 尾上松緑『松緑芸話』より引用
  • どこかから止めろと声が掛かるかと思ったが、誰も言わなかったので、秋生は続けた。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • 和穂が殷雷の手当てを続けていると、部屋の外から声が掛かった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • 警察から声が掛かるようになったのか。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • と声が掛かると乗ってしまう人でした。 尾上松緑『松緑芸話』より引用
  • 彫り物は銭湯に行くと客から声が掛かるほどだったという。
  • 次へ »