壮麗な社殿

6 の用例 (0.00 秒)
  • 境内には壮麗な社殿に対して、急速な衰退の痕跡といえる茶店・休憩所の廃墟が今も残る。
  • 島義勇はここに壮麗な社殿を建てようとするが、計画が壮大すぎるために大蔵省からストップがかかって断念した。
  • 当時は赤の玉垣をめぐらした壮麗な社殿を持つ大社であったが、応永9年8月の大洪水の被害を受けて大破、再建されることなく現在の狭山市中央公民館付近にあった成円寺の境内に移されていた。
  • のち、庄九郎は伊奈波明神の神域を当時の口洞くちほらに移して壮麗な社殿を営んでいる。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • そして1582年、三河・遠江の戦国大名となっていた家康は、賤機山に築かれていた武田氏の城塞を攻略するにあたり、無事攻略できたならば必ず壮麗な社殿を再建するとの誓いを立てた上で当社の社殿を焼き払い、駿河領有後に現在の規模と同程度の社殿を建造した。
  • 中は回廊をめぐらす壮麗な社殿だ。 杉本苑子『新とはずがたり』より引用