壮麗なるに似

13 の用例 (0.00 秒)
  • 壮麗なるに似たこれら無数の蛇たちは、わたしのように昼なお暗い森深く身を隠そうとはしなかった。 森敦『意味の変容』より引用
  • このようにして、壮麗なるに似た蛇も内部へと密蔽することによって、壮麗な蛇となる。 森敦『意味の変容』より引用
  • それは壮麗なるに似た蛇を飼育繁殖させ、やがては殺戮しようとする男と、なんの変わりはない。 森敦『意味の変容』より引用
  • やがて、壮麗なるに似た無数の蛇は無惨な殺戮にもかかわらず、あたりに満ち溢れるであろう。 森敦『意味の変容』より引用
  • 人はみな壮麗な蛇が、壮麗なるに似た蛇になろうとする願望があるように、グリ石になろうとする願望がある。 森敦『意味の変容』より引用
  • いや、昼なお暗い森深くから、身を現そうがために、せめても壮麗なるに似た蛇になろうとして、壮麗なるに似た蛇になったのである。 森敦『意味の変容』より引用
  • 壮麗なるに似たといっても、見たところ壮麗なものの持つべき崇高なもの、美麗なもの、厳然としたものに欠けると言うのではない。 森敦『意味の変容』より引用
  • いや、かえって、全体概念を持つものから、壮麗なるに似た蛇のように全体概念を持たぬものへと解き放って、愚かな大根から大愚者の寓話を実現しようとしたのかもしれぬ。 森敦『意味の変容』より引用
  • すなわち、壮麗なるに似た無数の蛇たちは、なまじい壮麗な蛇に似ているばかりに、かえって似ても似つかぬ滑稽なものになっているのも気づかず、ただ健康で、無邪気で、明るく、その持つ牙に毒さえも含まず平然としている。 森敦『意味の変容』より引用
  • いや、その持つ牙に毒さえも含まぬということから、せめても毒を持つかに見せようとする狡猾さが、いささかの虚栄と相俟って、壮麗なるに似た無数の蛇たちに、壮麗であることを冀わせたのだ。 森敦『意味の変容』より引用
  • かえって、壮麗なるに似た蛇のように、いつの日か無惨な殺戮にあうとも気づかず飼育され、健康に、無邪気に、明るく振る舞うようになりたかった。 森敦『意味の変容』より引用
  • 眩ゆいばかりに輝く草々の間には、すでに生殖のために集うた壮麗なるに似た無数の蛇たちが胴を輪切りにされ、頭と頭、尾と尾を絡みあわしながら、血にまみれてころがっていた。 森敦『意味の変容』より引用
  • しかし、なによりもみずからも壮麗ならんとして大鎌をつくり、その生皮を剥ごうとして壮麗なるに似た無数の蛇を飼育生殖させ、生殖に集うものをかくも無惨に殺戮して顧みぬ者を憎悪し、嫌悪し、忌避させたのだ。 森敦『意味の変容』より引用