壬生

全て 名詞
3,147 の用例 (0.02 秒)
  • 一番機パイロットの壬生屋末央に原はどうしたわけだか目をかけている。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • しばらくして、コンパクトに映った顔に壬生屋は驚きの声をあげていた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • でも壬生の人たちはみな、あたしたちの親がわりになってくれたんです。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用
  • そこに数日滞在したため、幸いこの壬生さんとも話し合う機会があった。 城山三郎『勝 つ 経 営』より引用
  • 壬生屋の一番機は防衛ラインを離れて、派手な立ちまわりを演じている。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • たとえどんなに昔がよくて今はだめでも、壬生屋にとっては今が大切だ。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • 壬生屋の一番機は敵の位置を確認するとミノタウロスをめざして駆けた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • 挨拶代わりのほんの冗談に生真面目に反応する壬生屋に、原は苦笑した。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode TWO』より引用
  • 誉められているのかどうか微妙なところだったが、壬生屋は矛を収めた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』より引用
  • 実のところ、善行からの特別任務に関しては壬生屋はほとんど知らない。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • そんなことになるならどうして壬生屋さんを戻したりしたんだろう? 榊涼介『ガンパレード・マーチ 13 山口防衛戦2』より引用
  • と抗議する加藤に構わず、壬生屋はよろめきながら一歩一歩進んでくる。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』より引用
  • きっと俺の目じゃ壬生屋の動きを追うのが大変だったってことなんだろうな。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 13 山口防衛戦2』より引用
  • あまりに自然な動作だったため、壬生屋は避けることができなかった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 訓練を終えたあと、壬生屋は中町公園のベンチにぼんやりと座っていた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode TWO』より引用
  • 顔色がよく見えるのは化粧のせいだったのか、と壬生屋は納得した。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • 目は真剣にディスプレイに表示されている壬生屋機の戦いぶりを追っている。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 13 山口防衛戦2』より引用
  • 壬生屋の甲高い声が響き渡って、ふたりの姿は薄闇の中に捜していった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 10 もうひとつの撤退戦』より引用
  • 壬生屋はとっさに左手に握った大太刀を敵の腹に深々と突き刺していた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • わたしはつかつかと壬生屋さんに近づくと、やさしく声をかけてあげた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 08 九州撤退戦・上』より引用
  • 次へ »