士郎

全て 名詞
1,754 の用例 (0.01 秒)
  • ただ一本のみの糸は屋敷の外から、士郎の部屋へと放たれたものだった。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • たとえ当主の柳士郎であっても、それは認めざるをえないところだろう。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • グラスを顔の高さに差し挙げながら、柳士郎が一同に向かって云った。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 長男・士郎は父と同じく原子物理学者で日本原子力研究所に勤務していた。
  • 士郎を斬って捨てようとした不届き者の声が聞こえたのはその時だった。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • そこから出てきた柳士郎が、ゆっくりとこちらに向かって歩いてくる。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • そうそう、士郎はずっと鍛えてきたんだから、体はしっかりしてるのよ。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 明日は士郎の学校は休校になるというし、たまには夜更かしも悪くない。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 未来の己を視るということで実現したそれは、この先士郎を蝕むだろう。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 柳士郎はそこで口を噤み、とともに場は冷え冷えとした沈黙に包まれた。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • そんな事を考えながら、今も士郎と、ただ何をするでもなく月を見ている。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.4 「煉獄の炎」』より引用
  • 恐らく士郎という少年にも、志貴の瞳は嫌なものとして見えたのだろう。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 衛宮士郎は、誰よりも憧れたあの男の代わりに、彼の夢を果たすのだと。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 今さっきの柳士郎の言葉の意味を考えつづけているのに違いない。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • あ、けど士郎は我慢しちゃう子だから気付いてないだけかもしれないか。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 数え切れないほどの巨人が、士郎達を取り囲むようにして存在している。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 士郎に神経を集中させたギルガメッシュの元へ、一瞬のうちに迫るべく。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 聖杯戦争が終わって、士郎がわたしに弟子入りしてもう一ヶ月かあ。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • そこに数日前の悪夢でも見たのか、士郎の声には緊張が混じっていた。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • けどあれだけ見事に助けられたんだから、士郎に文句なんて言えないでしょ。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 次へ »