壟断

全て 名詞
157 の例文 (0.00 秒)
  • ところが、卑しい欲張りがいて、壟断に登って左右を見まわしたのです。 ...
  • その後、何晏達が政治を壟断したため、魏の政治は乱れることになった。 ...
  • あの男が、藩政を壟断せんと策動することは、目に見えているからな。 ...
  • この事件を切っ掛けに国政の壟断を狙っていた陸海軍の将校は一掃された。 ...
  • 多数を占めたドイツ的キリスト者の総会議員たちは州教会組織を破壊し壟断した。 ...
  • 日本の封建領主は幕府も藩主も関税の利益を壟断ろうだんするかあるいは自ら貿易企業者の資格を帯びることによって利益した。 ...
  • 政治を私し、壟断ろうだんしようというわけではない。 ...
  • 王位を壟断ろうだんする太宰子懐たいさいしかいが、王の暗殺をはかる可能性は常にあった。 ...
  • 英宗の下で政治を壟断したが、土木の変で戦死した。 ...
  • 当時地元では「宮澤まき」と言えば花巻を壟断する一大勢力であった。 ...
  • 正義を基礎とする唯一のものたる民主国においても、時として一部が権力を壟断ろうだんすることがある。 ...
  • 梅福は王莽が政治を壟断するようになると妻子を捨て、九江を離れて仙人になったとされる。 ...
  • 当時、朝廷の政治を壟断していた宦官の趙忠らは、袁紹の行動を不審に思い危険視していた。 ...
  • が、大抵は大気都姫が、妹たちの怒には頓着なく、酒にひたった彼を壟断ろうだんしていた。 ...
  • この作戦に関して、自衛隊を軍神一家が完全に壟断ろうだんした。 ...
  • 後に黄皓は政治を壟断して国を滅ぼすに至ったため、蜀の人々で董允を追慕しない者はいなかったという。 ...
  • おなじ一個のひとりに、年八十万ポンドの金を壟断され、しかもまだその上にこれを神扱いにするなどとは、なんという情ない為体ていたらくだ。 ...
  • 次へ