壊滅後

69 の用例 (0.00 秒)
  • ホワイト・ハンド壊滅後はニューヨーク港の絶対的な支配者となる。
  • さらに梁山泊壊滅後は朱武・樊瑞・喬道清・馬霊らも羅真人の弟子となった。
  • アンドルフ軍壊滅後はどこにも所属しておらず流れのならず者遊撃部隊とされている。
  • 反乱勢力の壊滅後、クメンは一応の早期近代化の時代を迎え、後に共和制に移行している。
  • グン・ジェム隊壊滅後はマイヨ率いる反乱部隊に参加して最後まで生き残った。
  • デルザー軍団壊滅後は日本を離れ、世界各地でネオショッカーと戦っていた。
  • DC壊滅後の闇の覇権争いでは事実上トップとなる。
  • 第六飛行師団の壊滅後は第七飛行師団が亀地区の防空を担当していたが、ビアク島に米軍が上陸した時点で第六飛行師団残存機を合わせても70機余りの作戦機しかなかった。
  • 艦隊壊滅後は単独で腐海を南進、これにはナウシカも同乗している。
  • 彼ら専用のCMも存在し、壊滅後も流れている。
  • 同年9月1日の関東大震災による向島撮影所の壊滅後、鈴木は京都の日活京都撮影所第二部へ移転した。
  • 土居組壊滅後、呉の覇権を握り大組織となるが統制がとれず内部抗争がおきる。
  • 江戸では彰義隊の壊滅後、特に戦闘も起こることもなく新政府要人が集団で移転し、明治天皇を迎え元号は明治へ、街の名前も江戸から東京へ変わり、明治新政府の首都としての歴史が始まった。
  • また、プラン壊滅後あまり間を置くこともなくBD計画が軌道に乗り始めたことから、プラン自体は失敗であったが、後のBDの開発に大きな影響を与えた。
  • 西軍壊滅後、盛親は軍を率いて追撃を振り切り、領国の土佐に逃げ帰った。
  • 第32軍司令部の壊滅後、先島集団は台湾の第10方面軍の直轄下に入り、奄美守備隊は九州の第16方面軍隷下となった。
  • マッドギア壊滅後には、アメリカの国民全てを軍人とすることで、究極の国防と完璧な平和を実現するという理想を持つ。
  • 壊滅後、企業や政府機関等様々な組織が独自のルートでスクラッグのテクノロジーを解明に乗り出し、その技術を利用しようとしている。
  • 「モノスとユーナの対話」もまた地球壊滅後の天使たちの追想である。 ポー/八木敏雄訳『ポオのSF 第2巻』より引用
  • 一向一揆壊滅後に新たに大野の支配者となった金森長近の整備によって治水工事が行われ生活用水などにも広く用いられるようになり、大野の住民の生活を潤した。
  • 次へ »