壊死組織

24 の例文 (0.00 秒)
  • これによって、正確に壊死組織のみが患部から除去される。 ...
  • 洗浄の目的は異物・付着した血液・壊死組織の除去が目的である。 ...
  • フィブリンの溶融作用があるとされ、薬として壊死組織や痂皮の除去に処方されることがある。 ...
  • このデブリードマンを、壊死組織に人為的に蛆を着生させることによって行う手法である。 ...
  • 過剰な成長と奇形および壊死組織の成長である。 ...
  • 壊死した組織があると傷の回復が上手くゆかないことがあるために、壊死組織を取り除くデブリードマンと呼ばれる処置が行われることがある。 ...
  • マゴットセラピーの食性を利用して壊死組織を除去する治療法。 ...
  • 血栓性脳梗塞や心原性塞栓性脳梗塞において塞栓子が融解や遠位側へ移動することによって壊死組織に血流が再開通することがある。 ...
  • 重症化すると、全身に急激に進行する壊死性筋膜炎などを生じ、壊死組織の除去や患肢切断術を行わないと数時間から48時間で死に至ることもある。 ...
  • デブリードマンとは、感染・壊死組織を除去し、創を清浄化することで他の組織への影響を防ぐ外科処置のこと。
  • 壊死組織では血管壁の透過性が上昇しているため、再開通を機に血管性浮腫が増悪したり、あるいは梗塞により脆くなった血管壁があると、そこから出血がおこることがある。 ...
  • 卵は血管を塞栓するためその周囲の粘膜組織が壊死し、卵は壊死組織もろとも消化管内にこぼれ落ちる。 ...
  • 深い傷では、壊死組織の自己融解を促進させたり、さらなる除去を容易にするために組織を軟化させる成分を含む外用薬も選択肢となる。 ...
  • 目的なく漫然と消毒などは行わず、感染しつつある段階から消毒や抗生物質などによる対処が考慮され、壊死組織がある場合には除去され、滲出液を吸収するためのドレッシング材が選択される。 ...
  • 深い傷では、感染が管理され、壊死組織を除去することで創傷環境を整え、湿潤療法を目指すが、毎日の洗浄は必須ではない。 ...
  • 小腸では腸粘膜の壊死組織片やゼリー状血様内容物が認められ、組織学的に粘膜の壊死、出血性炎症を示す。 ...
  • 創傷からの回復を促すために創傷環境調整が提唱されており、壊死組織の除去、感染や炎症への対処、乾燥の防止、滲出液の管理などがある。 ...
  • 次へ