壊死範囲

5 の例文 (0.00 秒)
  • 穿刺針による壊死範囲は限られるため、腫瘍が大きすぎるものは適用にならない。 ...
  • アテロームは徐々に成長して血流障害を起こしていくことから、その経過の中で側副血行路が成長するなどある程度代償が可能で、壊死範囲はそれほど大きくならない傾向がある。 ...
  • 診断画像上の凍結範囲と壊死範囲とは、ほぼ一致する。 ...
  • それまで健常だった血流が突然閉塞するため、壊死範囲はより大きく、症状はより激烈になる傾向がある。 ...
  • 発症から2時間を経過すると急速に壊死が進行していくが、6時間以内の心筋梗塞の場合、積極的に閉塞した冠動脈の再灌流療法を行うことで、心筋の壊死範囲を縮小可能である。 ...