壊死性筋膜炎

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • その直後、ダーシーは壊死性筋膜炎を発症し緊急入院することになった。 ...
  • 他に、急激に症状が悪化する壊死性筋膜炎、横紋筋融解症なども原因となり得る。 ...
  • このような酵素は、壊死性筋膜炎のような多くの致死性の病気を促進するような症状を作り出すことができる。 ...
  • 大腸菌群のコロニー形成単位を測定した結果、非常に高い濃度が示され、壊死性筋膜炎の危険性があるとした。 ...
  • 重症化すると、全身に急激に進行する壊死性筋膜炎などを生じ、壊死組織の除去や患肢切断術を行わないと数時間から48時間で死に至ることもある。 ...
  • 誤って傷をつけると二次感染のおそれがあり、潰瘍の形成、蜂窩織炎、壊死性筋膜炎など重症化することもある。 ...
  • これらの症状は乳房炎、骨髄炎、壊死性筋膜炎、肺炎などの根本にある特定の感染症に関係していることがある。 ...
  • この怪我により手術を受けたが、術後にバクテリアによる感染症である壊死性筋膜炎を患い、敗血症まで引き起こしたため戦列復帰どころか一時は生命の危機に瀕していた。 ...
  • 化膿性合併症としては咽頭膿瘍、中耳炎、副鼻腔炎、壊死性筋膜炎がなどが知られている。 ...
  • 免疫が正常な健常者であれば、すぐに自身の免疫が細菌を排除するため、一過性の菌血症で終わるために大きな問題とはならないが、投薬や基礎疾患により免疫抑制状態にある者は、菌血症から感染性心内膜炎、敗血症、壊死性筋膜炎へと進展することがある。 ...
  • 壊死性筋膜炎とは、皮下脂肪組織と固有筋膜の間にある浅層筋膜の細菌性炎症で組織壊死を引き起こす嫌気性菌が原因の感染症の一つ。 ...
  • 非クロストリジウム性ガス壊疽とは、壊死性筋膜炎の中のガス壊疽の一つで、広義では全てのガス産生菌感染による壊疽性病変を指し、狭義では、クロストリジウム属以外の感染によるものを指す。 ...
  • TSLSでは高熱、激しい関節痛や筋肉痛を伴いながら壊死性筋膜炎や紅皮症が全身に拡大、多臓器不全やショックを伴う。 ...
  • 症状が進むと肺などへ感染巣が遠隔転移し、肺膿瘍や敗血症性肺塞栓症、壊死性筋膜炎などにより呼吸不全、DICなどを来すこともある。 ...
  • thumb|right|200px|晩年のジェフ・ハンネマン2010年 2011年、ジェフが右腕を毒蜘蛛に噛まれ、壊死性筋膜炎を発症したため、バンドを離脱。 ...