壊死性

56 の例文 (0.00 秒)
  • 病理組織学的には壊死性半月体形成性糸球体腎炎がみられることが多い。 ...
  • 類やが壊死性を持っているという主張は実証されていない。 ...
  • これらのタンパク毒は溶血性や皮膚壊死性、心臓毒性などを示すことが分かっている。 ...
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症は全身の動脈に壊死性血管炎を生じる病気。 ...
  • 剖検例では脳病変が少ないこと、壊死性病変がしばしば認められるという点でMSと異なるという意見があった。 ...
  • 当初は熱中症と診断されたが、1週間後に壊死性虫垂炎であることが判明し入院、手術を受けた。 ...
  • 泡沫細胞それ自体は危険ではないが、特定の箇所に蓄積し、壊死性のアテローム性動脈硬化症の中心を形成しはじめると問題になりうる。 ...
  • 現在の研究者らは、壊死性細胞死の存在は病的過程の間だけでなく、組織再生、胚発生、免疫応答といった正常な過程の間にも起こることを実証している。 ...
  • 家禽の壊死性腸炎を防ぐためにも用いられる。 ...
  • アスペルギローマを有する患者で有症状の場合は慢性壊死性肺アスペルギルス症の基準に合致しないか検討が必要である。 ...
  • 検死結果では、壊死性の腸炎と、大腸菌による敗血症がモッティの死因とされた。 ...
  • 初代T細胞および免疫応答のその他の重要な構成要素の活性化誘導死はカスパーゼ非依存性であり、形態学的には壊死性である。 ...
  • 創部局所の高度の壊死性変化、浮腫、血性漿液の分泌物、握雪感などの症状がある。 ...
  • 病型は、急性壊死性脳症、ライ症候群、HSE症候群などに分類されている。 ...
  • 壊死性血管炎は顕微鏡的多発血管炎や好酸球性多発血管炎性肉芽腫症で見られることが多い。 ...
  • 組織学的には、強い糸球体炎症を反映して多くの症例で半月体形成が認められ、壊死性半月体形成性糸球体腎炎が典型的である。 ...
  • 従来結節性多発動脈炎と考えられてきた疾患の中に細動脈でも壊死性血管炎を起こす一群が報告され、この様な経過を辿る一群をPNとは分けて本症とした。 ...
  • 次へ