壊す

全て 動詞
1,146 の用例 (0.01 秒)
  • しかし彼はこの部屋に移ってからも自分から壁をこわそうとはしなかった。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • とり壊される前にこの場所でピアノの演奏ができないかというものです。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • まず最初に部屋へ入るため扉の鍵を壊すか打ち破るかしないといけない。 乙一『ZOO』より引用
  • これからこの女の結婚問題を壊すんだなと思いながら平気に眺めている。 夏目漱石『虞美人草』より引用
  • これからこの女の結婚問題をこわすんだなと思いながら平気で眺めている。 夏目漱石『虞美人草』より引用
  • セイバーの宝具は聖杯を壊す為にとっておかなければならないんだから。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 肉体の機能を壊さずその組織だけ壊すなんて都合のいい技術はまだない。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 肉体の機能を壊さずその組織だけ壊すなんて都合のいい技術はまだない。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 八畳ほどの広さの洋間の、壁や床の至るところが壊されているのである。 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • 表のドアの鍵、さっき見ましたが、あれはかなりの力で壊していますね。 内田康夫『浅見光彦殺人事件』より引用
  • 大学時代は肩を壊してやめていたが、中学高校と進造は野球部員だった。 山口洋子『演歌の虫』より引用
  • あんたが家庭を壊されたのなら、相手の男の家庭も壊してやるべきだわ。 吉村達也『出雲信仰殺人事件』より引用
  • あんたが家庭を壊されたのなら、相手の男の家庭も壊してやるべきだわ。 吉村達也『出雲信仰殺人事件』より引用
  • 音で、内部に壊してはいけないものがあるかどうかをチェックするのだ。 平安寿子『くうねるところすむところ』より引用
  • 兄に捨てられるくらいなら、兄を壊してしまおうと思ったのではないか。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • そのわたしの人間研究によると、人間というのは十歳台では家具を壊す。 筒井康隆『原始人』より引用
  • お比女が、全てを壊しかねない大地震を、起こしそうになっているから。 畠中恵『うそうそ』より引用
  • 竜の能力を身に着けている彼女は、それで身体からだこわすようなことはない。 水野良『魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士』より引用
  • あけすけに書いて映画の背後の神秘性や夢を壊すようなことはしないよ。 筒井康隆/横尾忠則『美藝公』より引用
  • 捌くのは難しい事ではないが、その度に屋敷のあちこちが壊されていく。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 次へ »