壁の内側

129 の用例 (0.00 秒)
  • 市壁の内側の通路も完全に保存されており、歩いて通ることができる。
  • 厚い壁の内側一面にかびが生えているが、黴のにおいばかりではないようだ。 山田風太郎『くノ一紅騎兵』より引用
  • どうやら、この道はマルヴィンの城の壁の内側に作られているようだ。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔下〕』より引用
  • 古代の壁の内側は歴史と城の伝説に特化した博物館になっている。
  • 入り口の壁の内側には半蓑はんみののかかっているのも山家らしいようなところだ。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 壁の内側の建造物群は、密集した円筒形の構造物で構成されていた。
  • でも、たとえば、壁を作るならば、壁の内側に人がいなければなりませんよ。 森博嗣『G 05 λに歯がない』より引用
  • この通路は壁の内側すべてに設けられ、壁の各所にある塔につながっていた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第02巻 「黄金の戦女神」』より引用
  • それくらいのことなら「俺」は充分承知のうえで壁の内側にとどまっている。 吉本隆明『悲劇の解読』より引用
  • かれはその通り抜けられない壁の内側にそって、ずっと上を見あげていった。 ムーア『暗黒界の妖精―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 王龍の希望では、父親と阿藍を埋めた土壁の内側に陳も埋めてやりたかった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • 壁の内側では、神殿はと呼ばれる現存するアーチ道によって支えられている。
  • この壁の内側には一個の細胞が含まれている。
  • 改修現場の床下や壁の内側の処理が予想以上に悪いから、対応に時間がかかる。 平安寿子『くうねるところすむところ』より引用
  • そしてアルフィンが土縁に着く直前に壁の内側にそれで降りた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ01 連帯惑星ピザンの危機』より引用
  • 数名の影がそれでも壁の内側に降りた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター04 D-死街譚』より引用
  • 壁の内側でぼくたちがそんなことをしていたのは、二十五、六分というところだったのではあるまいか。 眉村卓『不定期エスパー8』より引用
  • 川の上ならなおのこと、風を防げるかべの内側にいたかったのだが。 喬林知『今日からマ王 第07巻 いつかマのつく夕暮れに!』より引用
  • どこから漏れてくるのか、薄い水の膜が壁の内側にできている。 鈴木光司『バースデイ』より引用
  • そして高くそびえ立っている壁の内側からは、人間のいる気配はなにひとつ聞こえてこない。 クイーン/田村隆一訳『Zの悲劇』より引用
  • 次へ »