墜落炎上

13 の用例 (0.00 秒)
  • 搭乗した旅客機が、離陸直後に原因不明のトラブルで墜落炎上したのだ。
  • 午前7時17分頃、菅島の住民が鋭い金属音を聞いた後、1番機が墜落炎上した。
  • 大角岑生海軍大将に随行して広東方面に出張中、搭乗機が墜落炎上して死亡する。
  • 当初は墜落炎上による焼死と思われたが、のちの検死で、炎上した際に起きた発煙をマンソンが吸い込んだために、その時点で死亡したという。
  • しかし、11月14日に浜松基地航空祭にて展示飛行中のブルーインパルス4番機が墜落炎上し、パイロット1名が殉職すると共に住民が負傷した。
  • なおこの機体は、映画公開から19年後の1989年5月21日、ブラジル・サンパウロのグアルーリョス国際空港付近で着陸に失敗し、墜落炎上した。
  • しかし辛うじて近づいたヘリコプターは墜落炎上した。
  • その直後、午前3時15分に墜落炎上した。
  • 鹿児島空港から大分空港に向かっていた富士航空902便コンベア240が、大分空港への着陸時にプロペラもしくはブレーキが過失または故障によって正常に作用せずに空港東側の大分川支流の裏川の河原に墜落炎上した。
  • そしてコロンビアのメデリン空港から飛び立とうとしたガルデル一行の乗る飛行機は離陸に失敗、失速して墜落炎上し、ガルデルらは焼死した。
  • コンベア880-22Mが、羽田空港から離陸直後に墜落炎上したもので、乗員訓練飛行につき乗客の搭乗はなかったが、同社員4名と運輸省航空局職員1名の5名全員が犠牲になった。
  • 日本航空の貨物便1054便DC-8-62AF型機が、アンカレッジ国際空港を離陸直後に墜落炎上し、乗員5名の全員が死亡した。
  • コンベア880-22Mが、アメリカのモーゼスレイク・グラントカウンティ空港でワン・エンジン・クリティカル・カット・アウトの訓練中、急激な片滑りから滑走路を逸脱し、僅かに離陸したもののバランスを崩したまま墜落炎上し、搭乗員5名中3名が死亡した。