墜落時の衝撃

16 の用例 (0.00 秒)
  • マルチメディアカードは埃や水に対し耐性があるものの墜落時の衝撃には耐えられない。
  • クラッシュパッドは携帯性を重視しているので墜落時の衝撃を吸収するまでの機能は無く、あくまで怪我防止のための補助具として使用する。
  • 墜落時の衝撃で操縦席を含む機首部分が焼失した。
  • ジムでは、墜落時の衝撃を吸収するマットや堅牢な支点を設けているので、安全に練習ができる。
  • 墜落時の衝撃によって、脳には対側打撃が生じ、脳挫傷のため意識は不明になっていたでしょうが、即死するような脳外傷ではなかったと思います。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • NASAはFAAと共同で大型輸送機における墜落時の衝撃による生存性を調査する為に、遠隔操作の4発機で制御された衝撃実演を行った。
  • これはボース副操縦士を含む遺体26体の検視結果から、意識の有無は別として乗員乗客は墜落まで生存しており、墜落時の衝撃で死亡していたことが判明したためである。
  • 機長の操縦席に副操縦士の鼻毛が付着していたため、副操縦士が機長席に座っていた疑惑があったが、大阪で機長が機長席に座っていたことを整備士が目撃していたことから、墜落時の衝撃で副操縦士の顔面が機長席の計器に激突していたと断定された。
  • 湿地帯の泥は墜落時の衝撃を和らげる役割を果たしたが、逆に泥に含まれる有害な細菌が傷口から入り、感染症を引き起こし入院した者も数名いた。
  • 当初は墜落時の衝撃のせいか『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』という自分の名前と、マリアという少女が殺された、という事以外思い出せない状態になっており、自分を模したアンドロイドの姿に苦悩することもあった。
  • 頸椎けいつい骨折、頸髄損傷など墜落時の衝撃の強さを物語っていた。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • 墜落時に乗員を守るため、座席にもセラミック製装甲が取り付けられ、着陸脚や機関砲、胴体下部は墜落時の衝撃を吸収する構造となっている。
  • ブラックボックスの通称は、墜落時の衝撃と熱に耐えるよう、また故意に内容を書き換えるなどして事故原因を隠蔽されないよう、厳重に密閉・封印されていることに由来する。
  • これらのロープは墜落時の衝撃を伸びることによって軽減しつつ伸びすぎない適度な弾性を持ち、ダイナミックロープと呼ばれる。
  • この技術部会は後に「航空安全国際ラリー組織委員会」として独立し、航空安全シンポジウムの開催や、墜落時の衝撃を和らげる座席の開発提言などの活動を続け、2009年3月には、国際的な航空安全に貢献したとして全米航空惨事被災者同盟の最高賞「航空安全賞」を受賞した。
  • 墜落時の衝撃によって、機体前部から主翼付近の構造体は原形をとどめないほど大破したほか、両主翼も離断し、それぞれ炎上した。