墜落時

64 の用例 (0.00 秒)
  • 息子さんが墜落時にかなりの酩酊めいてい状態であったことは確かです。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • 反町はこれが墜落時の原状に回復されたものだとは知らない。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 明らかに墜落時に受けた負傷とは異種のものであった。 森村誠一『恐怖の骨格』より引用
  • 赤褐色なのは、墜落時の脳外傷と思われるので間違いなく乗客と考えるべきである。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • また、軽量なため墜落時の速度が遅く、パイロットの脱出もより容易であった。
  • 墜落時遺体はほとんど燃え尽きていたが、遺灰が集められ現地で埋葬された。
  • 墜落時の安全のためにクラッシュパッドという、携帯式のマットを使用する。
  • 自衛隊機と空中衝突した旅客機が、墜落時に音の壁を破った。
  • 墜落時のことをフォルケスは以下のように述べている。
  • マルチメディアカードは埃や水に対し耐性があるものの墜落時の衝撃には耐えられない。
  • クラッシュパッドは携帯性を重視しているので墜落時の衝撃を吸収するまでの機能は無く、あくまで怪我防止のための補助具として使用する。
  • 墜落時の衝撃で操縦席を含む機首部分が焼失した。
  • しかし、墜落時の猛烈な衝撃と火災によって、犠牲者の遺体の大半は激しく損傷していた。
  • エネルギーが蓄積された区域を切りはなすことで、墜落時の被害を最小限に食いとめようとしているのだ。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • ジムでは、墜落時の衝撃を吸収するマットや堅牢な支点を設けているので、安全に練習ができる。
  • 墜落時の衝撃によって、脳には対側打撃が生じ、脳挫傷のため意識は不明になっていたでしょうが、即死するような脳外傷ではなかったと思います。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • 墜落時に周辺の住宅は破壊されたが、そのような中で機体の残骸が墜落によって発生した火災を守る形になって乳児が生還するという出来事もあった。
  • 事故機に搭載されていたフライトデータレコーダーは、発見から間もなく回収されたが、墜落時の火災で破壊されていた。
  • 「進入角が比較的鋭角であり、機体姿勢と墜落時のスピードの関係が生存者がいない原因」だとした。
  • 機体は完全にバラバラになり、墜落時に発生した火災のため犠牲者も黒コゲになるなど、極めて悲惨な状態であったという。
  • 次へ »