墜落原因

25 の用例 (0.00 秒)
  • 墜落原因を特定したのは、キャプテンの遺体を調べた病理学者だった。 藤石金弥『コクピット クライシス』より引用
  • 考えられる365便の墜落原因は次の通りであるとされた。
  • 墜落原因は特定されなかったが、レイスキは脱出して事なきを得た。
  • 小銃による航空機の撃墜例は数件あるものの、墜落原因は戦闘中の混乱で明確でない場合もある。
  • 墜落原因が動力の喪失か操縦不能のどちらかを説明するには証拠が不十分であった。
  • 墜落原因がガミラス艦隊の攻撃を受けたのか、それとも事故やマシントラブルなのかは語られていない。
  • これらの墜落原因は不明で少なくとも機体の欠陥ではないとされ、一説によると高度の機動性にパイロットが対応できなかったとされている。
  • 不幸中の幸いというべきか、直接の墜落原因は、落雷である。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 調査により、9646便の墜落原因はパイロットが気象条件が急激に悪化した後に飛行しようと決断したことであるとした。
  • 墜落原因はパイロットが対G訓練不足によるG-LOCにより気絶したためとされている。
  • 飛行機事故というと、必ずこの二つが、墜落原因を解く鍵だといわれるのだが、不思議なことに、それが見つかっても、結局、原因は不明なままに終ってしまうことが多い。 山村美紗『殺意のまつり』より引用
  • 墜落原因についての推論が錯綜したが、確定にはいたらなかった。
  • 墜落原因は、公式に断定されたあとにも異論が絶えない。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • 当時は旅客機にコックピットボイスレコーダーとフライトデータレコーダーを搭載していなかったこともあり、事故調査委員会は墜落原因を特定することができなかった。
  • 墜落原因としては、澎湖諸島の島民から事故機が午後9時35分ごろに空中爆発し海中へ墜落するのを見たとの目撃証言があったことから、仕掛けられた爆弾が爆発し空中分解したものと推定されている。
  • 墜落原因は、飛行制御システムの3つのロールレイト・ジャイロの配線の内の2つが逆に接続されていたミスと判明し、3ヵ月後に試験飛行は再開された。
  • 国防庁の事故対策委員会は、町田機の直接の墜落原因は、落雷によるものだが、気象の判断に甘さがあったと発表した。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • また、キュビリエ運輸担当相も、「機体の残骸が比較的狭い範囲に散乱していることなどから、天候や技術的な不具合が墜落原因である可能性」を指摘した上で「生存者がいる可能性はない」と述べている。
  • ほぼ同じころ、エアロスバル機の墜落原因について調査を進めていた航空局事故調査課は、「悪気流に巻きこまれて、機のコントロールを失ったもの」との結論を出した。 森村誠一『恐怖の骨格』より引用
  • 国防庁側の発表によると、町田機の墜落原因は、不可抗力であるというニュアンスが強かった。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 次へ »