墜落する事故

19 の用例 (0.00 秒)
  • 飛行中に爆発したり分解して墜落する事故とは違って、爆発物が爆発した痕跡が証拠となる残骸にしっかりと刻まれるからである。
  • 近くにマイアミ国際空港があり、同空港への離着陸に失敗してエバーグレーズへ墜落する事故が2件発生している。
  • このようにラウダ航空の経営は成功していたが、1991年に機体の設計上の不具合が原因で自社のボーイング767型機がタイで墜落する事故が起きた。
  • 本件事故以前にDC-10には貨物ドアの設計ミスから墜落する事故を起こした前例があった。
  • 二回目の実験では発艦時の操艦ミスによって合成風力が不足し失速、墜落する事故があったほか、エンジンの自動停止装置の誤作動なども発生したが、最終的には完全な無人飛行が可能となった。
  • その後、エルンスト・ウーデットが操縦してテストを行った際、急降下中に操縦不能になって墜落する事故が発生したこともあり、速度性能では勝っていたHe118は不採用となった。
  • また、事故の翌日には英国海外航空911便が富士山麓に墜落する事故が発生したが、事故現場の取材をしていたNHKのカメラマンが偶然402便の残骸の横を離陸する911便の最期の姿を撮影しており、これが全世界に配信された。
  • もっとも、ATR 72も初期には主翼の設計の不備から着氷して墜落する事故や、燃料計を純正品でないものを装着して燃料切れ墜落事故を起こすなど、機体に起因する事故を起こしている。
  • しかし再開直後の4月に同型のコメットが墜落する事故が発生し、耐空証明が取り消され、再び飛行停止措置が取られた。
  • この事故の翌年2月に、日本の東京湾で同型機が同じ着陸進入中に墜落する事故が発生したが、389便と同様に、フライトデータレコーダーが装備されていなかったこともあり、パイロットミスを示唆しつつも同様に「原因不明」とされている。
  • そのためパンアメリカン航空のボーイング377は、その後もエンジントラブルで不時着水や墜落する事故を起こしている。
  • 今年4月にはモロッコで、6月には米国フロリダ州でも墜落する事故をおこしたばかりで、このような危険性の高い軍用機が日本の上空で訓練飛行するということは、国民の命や平穏な日常を脅かすことであり断じて認められない。
  • ドック入りした「蒼龍」の航空機を受け入れた際には、右舷に艦橋のある「蒼龍」での着艦に慣れたパイロット達が無意識に飛行甲板左に寄って着艦し、左舷にある「飛龍」艦橋に接触して墜落する事故も起きた。
  • しかし、職場の上下関係をコクピットから完全に排除するのは難しく、若い副操縦士がベテランの機長に逆らえない、あるいは機長の判断を優先させたがために墜落する事故がテネリフェ以後もたびたび起きている。
  • その後ワールは大阪-福岡間の瀬戸内海路線に使用されたが、1932年に大阪の木津川飛行場を飛び立った日本航空輸送のワールの1機白鳩号が福岡県八幡市郊外の山腹に墜落する事故を起こした。
  • そんな中、カールの乗った艦艇に着陸しようとしたヘリコプターが海に墜落する事故が発生し、潜水士のビリーらが乗組員の救出に乗り出すがその途中のアクシデントでビリーは肺にダメージを受けてしまい、一命は取り留めたものの、潜水士としてのキャリアは断たれてしまう。
  • 祖父山川鹿三郎は三菱重工業の飛行機設計家で、中島飛行機製エンジン第4号機を民間型MC-20型の試験飛行を実施、その後MC-20は大日本航空に納入され「妙高」と命名されたが航空局の試験飛行中に千葉県木更津沖に墜落する事故を起こして搭乗員13人全員が死亡、した。
  • しかし事故を防ぐことはできず、この3年後の1985年8月2日には、ダラス・フォートワース国際空港に進入中のデルタ航空のロッキード L-1011 トライスターがダウンバーストに巻き込まれて墜落する事故も発生している。
  • 実際、同世代のボーイング747-400、エアバスA330、エアバスA340やボーイング777は運航機数が多いにもかかわらず、大破した事故が1-2件なのに比べると大破、墜落する事故が多く、しかもそのうち操縦ミスが原因の事故が4件をしめている。