墜落

全て 名詞
5,230 の用例 (0.02 秒)
  • その墜落の途中にあるいは音速に達していたのではないかと彼は考えた。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • その直後に墜落したわけだが、まず、何が起きたか話してくれませんか? 山村美紗『殺意のまつり』より引用
  • 工事現場での墜落ついらく事故などはテレビニュースにはいちいち報道されない。 赤川次郎『さびしがり屋の死体』より引用
  • つぎつぎに有翼人は墜落し、それといっしょに島の住民も何人か倒れた。 P・J・ファーマー『異世界の門』より引用
  • 死体には墜落ついらくの際につけられたとみられる死後の打撲傷だぼくしようやすり傷がある。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • そのようにしてヘリから墜落した者の中に、若い女が一人混じっていた。 森村誠一『日本アルプス殺人事件』より引用
  • 額のここにはパーシバルが墜落したときにわたしが受けた打ち傷がある。 ウルフ/鈴木幸夫訳『波』より引用
  • だが、墜落感は心理的な物ではなくて、実際に地面が打ち抜かれたのだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録01 天を騒がす落とし物』より引用
  • しかし、自分の体重と同じほどの重さの物体と一緒に墜落したのである。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • ペリアンドロの墜落事件が奇跡として扱われていることも話題になった。 セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』より引用
  • あの密集した歩行者の群れに墜落したら、間違いなく犠牲者が出たはず。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • この氷点下のあらしの中でさえ、氷が墜落機ついらくきの重さにえきれなくなったのだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!サイドアームズ02 極北からの声』より引用
  • 飛行機が墜落するとき、どんな状態になるかよくわかっているからね。 山村美紗『殺意のまつり』より引用
  • 火を噴きながら暗い現実へと墜落して行く敵の機体であり、敵だったのだ。 森敦『意味の変容』より引用
  • 三回の墜落とも、飛行機が南西の方角から接近してきた時に起こったんだ。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『10 空飛ぶスラッシュ』より引用
  • たまたまテスト・パイロットの一人に戦争中墜落しかけた男があった。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • その墜落するような感覚は、はじめの内、ごく短い間に消えて元に戻った。 半村良『邪神世界』より引用
  • どうせこのままでは墜落死なのに、彼はどこまでもあきらめが悪かった。 賀東招二『フルメタル・パニック!06 踊るベリー・メリー・クリスマス』より引用
  • さっさと次の一歩をふみださないと、このまま崖下がけした墜落ついらくしそうでした。 ジョーンズ『ハウルの動く城01 魔法使いハウルと火の悪魔』より引用
  • 世界の創造は砂粒の墜落によって定められないとはだれが知っていよう。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 次へ »