増発用

42 の用例 (0.00 秒)
  • これは特急増発用であり、この時には本形式はそのまま特急車として使用された。
  • 大牟田線の特急電車増発用として1961年に4両編成2本が製造された。
  • 増発用として同社初の直流型電車となる303系が投入された。
  • これに伴い下関運転所・大垣電車区・新潟運転所などから増発用車両が転入した。
  • また2001年には「ソニック」増発用として一部設計変更された編成が製造された。
  • 東海道本線などの貨物列車増発用を名目としている。
  • 上越・高崎・東北本線貨物列車増発用、山手線貨物列車増発用を名目としている。
  • 本系列は東横線へ投入させたため、同路線で運用していた8500系を田園都市線・新玉川線へ転属させて同路線の増発用に充当した。
  • 東海道・山陽本線増発用、岡山 - 広島間の貨物列車電化用を名目としている。
  • 小田急電鉄では特急増発用に製造された2300形電車はSE車こと3000形電車の導入が計画された時期に導入されたため、3000形登場後は格下げを前提としていた。
  • この専用車は2台のみのため、増発用車両はレトロ調の装飾を施した一般の路線バスとなる。
  • 導入する2編成のうち、1編成は同年6月6日に実施されたダイヤ改正時の列車増発用、もう1編成は今後実施予定の大規模改修工事時の予備編成確保用としている。
  • 日本海縦貫線貨物列車増発用を名目として、昭和43年度第5次債務で製造された。
  • 増備は2007年、2008年にも行われた後、2012年に増発用として1台が新製された。
  • 中央線電化および山陽本線貨物列車電化・増発用である。
  • 中央線電化・増発用を名目としている。
  • その増発用のバスには、空港路線車が充当されることもあったが、運賃の支払い方法が限られる、降車ボタンがない、などのデメリットが生じていた。
  • こだまの増発用に編成された。
  • なお、その後も南武線には103系の置き換え用として209系の直接投入が計画されたが、次に述べるダイヤ改正の列車増発用車両を最後に、同線への直接投入は中止となった。
  • 中央線電化・増発用である。
  • 次へ »

増発用 の使われ方