増発する際

5 の用例 (0.00 秒)
  • 臨時増発する際は福住駅や栄町駅の留置線を利用し、車両を待機させている。
  • なお、豊田スタジアムでのイベント開催時など、臨時に列車を増発する際には線内の交換設備をすべて使用して毎時6本の運転となる。
  • この切欠ホームは元は貨物用で、1999年に列車を増発する際新しく線路を敷きなおしてつくられたものである。
  • しかし、晩年は列車本数の減少により通常は列車の交換は行われず、行楽シーズンの休日や毎月18日の谷汲山命日に列車が増発する際のみ、列車の交換が行われるようになっていた。
  • また、1985年3月のダイヤ改正では紀勢本線の「くろしお」を4往復増発する際、他地区で余剰となっていた485系44両を日根野電車区に配置し充当したが、諸事情により翌1986年11月1日のダイヤ改正で福知山運転区と南福岡電車区に全車転出した。