増発すること

10 の用例 (0.00 秒)
  • この改正では全国に特急列車を大増発することが計画された。
  • 名古屋市国際展示場で大規模なイベントや国家試験などが行われる場合は列車を増発することがある。
  • その代わりに京阪本線では速達列車を設定せず急行や普通を増発することにして都市間輸送と沿線輸送を棲み分ける運用にした。
  • このため乗客からのわかりづらいという意見や、停車駅の誤通過も相次いだことから基本的に普通列車を増発することで、停車駅のパターンを大幅に減少することとなった。
  • 臨時列車は軌道法準拠を活かして柔軟に行われており、土曜・休日の日中、特に晴天時に利用者が増加すると予想される場合には、大した予告も無く区間列車を臨時増発することがある。
  • それに対し、工事やその結果として列車を増発することにより地区内の生活の質が低下するとして、 フローラル・パークやニューハイド・パーク、ガーデンシティなどの村から3本目の線路を敷設することに激しい反対が起きている。
  • このため、生母の毎木や江戸詰の家老・富田兵部ら江戸派と結託して金札を増発することで財政を再建しようとしたが、これがかえって金融混乱を招いた。
  • 海芝浦駅にある東芝京浜事業所が土曜・休日が出勤日となる際や平日昼間に終業する際に、通常の電車本数では不足するため鶴見駅 - 海芝浦駅間に臨時に電車を増発することがある。
  • 日産スタジアムで大規模なイベントが開催される日は、綱島駅 - 新横浜駅および新羽駅 - 新横浜駅の臨時便を増発することがある。
  • 気動車では需要に応じた増結が難しいことから、1963年5月に予定されていた同区間の全線電化に合わせ、各国鉄はこの区間のTEEを電気機関車牽引の客車列車とし、さらにパリ - ブリュッセル間で一往復増発することを決めた。