増発される

83 の用例 (0.00 秒)
  • その後、特急列車は次第に各線で設定・増発され、特徴ある物も増えた。
  • 後者の印旛学園線は大幅に増発された上に毎日運行に切り替えられた。
  • 同時に日中の普通電車も増発され、同時間帯の停車本数が6本へ増加した。
  • 夕刻に20分間隔で三条発の臨時特急がさらに増発されることもあった。
  • 毎年7月の祇園祭の開催時は深夜時間帯に下り列車が増発されることがある。
  • また、大分方面の普通列車も上下4本増発され、利便性が向上されている。
  • 上越新幹線では、下り東京駅発・上り新潟駅とも列車が増発される。
  • 朝時間帯は神戸市内利用客の便宜を図るために3分間隔に増発された。
  • 最盛期を迎えたのは大正から昭和初期にかけてであり、夏には臨時列車が増発された。
  • その時期には当駅方面への臨時列車が増発され、特急「ちちぶ」が臨時停車する。
  • 朝ラッシュ時は大部分が花畑発着となり、区間運転列車が増発される。
  • ただ、両大学での入学試験などでは列車が増発される。
  • 特急関連では近畿日本名古屋駅発着特急のうち、名伊乙特急が大幅に増発された。
  • 当初は会員制バスで運行を開始したが、観光路線故に一定の利用者があったため、定期化の上増発された。
  • またハウステンボスで大規模なイベントが行われる際、上り列車のみ臨時に増発されることがある。
  • 東京競馬開催時は南武線の川崎方面行きの電車が増発される。
  • 比良線と同じく、観光シーズンを中心に臨時便が増発される。
  • 競馬の開催日には駅は活況を呈し、レースの規模に応じて今津線列車が増発される。
  • 代わりに国道経由の路線が増発された。
  • 当初は平日朝のみ運行だったが、僅か2ヶ月後には平日・土曜日にも増発された。
  • 次へ »

増発される の使われ方