増発が図ら

17 の用例 (0.00 秒)
  • これに伴い、全国各線で列車の大規模な増発が図られている。
  • 再び新幹線・特急・急行の増発が図られることになったが、それとは別に新快速も関西圏でこの時運転を開始した。
  • 急行の運転時間拡大による増発が図られ、江ノ島線の急行は毎時2本運転となった。
  • 米子市の近郊線として駅の増設や列車の増発が図られている。
  • 前年に続き、再び急行列車のスピードアップと増発が図られる事になったが、それでも急行列車の速度はこれでようやく戦前の水準に戻ったといえるものであった。
  • 結果、近距離普通列車や昼行特急列車の増発が図られる一方、利用不振の続く昼行急行列車や夜行列車が削減されている。
  • 大宮駅発着の暫定開業時は本領を発揮していたとはいえない両新幹線であったが、今回のダイヤ改正では上野駅という都心乗り入れが実現したこともあってスピードアップと増発が図られ、東北地方・新潟県方面への移動手段として定着するようになる。
  • 気動車導入により列車増発が図られたが、これら3両は何れも簡易な木造車なうえ、日本でもごく初期の気動車で未熟な欠陥も多く、数年間のうちに全体の老朽化が進行して長期の使用に耐えなくなった。
  • この増備車は2012年7月上旬より営業運転を開始しており、その後の10月15日に行われたダイヤ改正より列車増発が図られた。
  • この増備車は2008年8月12日より営業運転を開始しており、その後の10月1日のダイヤ改正より朝ラッシュ時の列車増発が図られた。
  • 前年開通したばかりである新幹線や昼行特急の新設・増発が図られ、同時にマルスによる座席指定券のオンライン販売を行うために、「みどりの窓口」もこの時誕生した。
  • また、「ひたち」は急行「ときわ」を全廃し格上げが行われる増発が図られることになるが、同時に仙台運転所から勝田電車区への移管となるための転属が行われた。
  • これは旅客輸送・貨物輸送ともに鉄道の特性が生かせる区間のみ重点化し、他は切り捨てようというもので、旅客列車では寝台特急や地方ローカル線急行の大幅削減が行われる一方、近距離普通列車の増発が図られた。
  • また、箱根登山線直通の急行の増発が図られ、日中の運行本数は毎時2本から4本に倍増した。
  • しかし2000年代以降博多 - 小倉間では特急列車の増発が図られるとともに、快速列車については停車駅の追加のほか毎時1本を準快速に格下げし快速区間の短縮を行った。
  • 続いて、さらにこれもやはり後述するように1989年3月11日のダイヤ改正からは全線直通と天王寺駅 - 日根野駅間が毎時3本ずつに揃えられ、天王寺駅基準で10分に1本の運転となるなど、増発が図られた。
  • これに伴い山陽本線の新大阪 - 岡山間を走行する優等列車が削減される一方、岡山駅で接続を図る山陽本線岡山以西・伯備線・宇野線、さらに四国各線では列車輸送体系の見直しと列車増発が図られ、四国初の特急列車となる「しおかぜ」・「南風」も新設された。