増発

全て 名詞
1,224 の用例 (0.01 秒)
  • 特急関連では阪伊特急の増発と京伊特急の全区間単独運転化が達成された。
  • その後、特急列車は次第に各線で設定・増発され、特徴ある物も増えた。
  • 路線そのものは当時既に運行しており、列車の廃止分に応じて増発を行った。
  • その他の線区は一部列車の増発や時刻変更など、若干の変更に留まった。
  • また大師線にも競馬観客輸送に対応した増発ダイヤが用意されている。
  • この区間の昼間の増発は平成以降はほとんど行われておらず、かなり珍しい。
  • 後者の印旛学園線は大幅に増発された上に毎日運行に切り替えられた。
  • 以前は昼間を中心に運行されていたが、平日夜にも運転され増発傾向である。
  • 同時に日中の普通電車も増発され、同時間帯の停車本数が6本へ増加した。
  • また対象国が積極財政により国債増発に動く場合にも同様の問題を抱える。
  • 夕刻に20分間隔で三条発の臨時特急がさらに増発されることもあった。
  • この改正では全国に特急列車を大増発することが計画された。
  • この時点では、検査時や増発時には引き続き2000形も使用されていた。
  • これは特急増発用であり、この時には本形式はそのまま特急車として使用された。
  • 毎年7月の祇園祭の開催時は深夜時間帯に下り列車が増発されることがある。
  • 奥多摩湖までは観光客も多く、シーズンには臨時増発便が運行される。
  • 沿線に北野天満宮がある関係で臨時増発便が運行されることも間々ある。
  • 投入される70両のうち6両は増備車であり、将来の増発に備えている。
  • しかし、これ以降は特急・急行列車の増発のため、徐々に削減されていく。
  • このため多客時には臨時列車の増発で対応しているが、それでも混雑する。
  • 次へ »