増田

全て 名詞
1,537 の用例 (0.03 秒)
  • そのことで増田さんは何か伝えたいことがあったにちがいありません。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • このとき、松野は増田の持っていた日本記録を6年ぶりに更新している。
  • 現在の国道4号で、街道に置かれた増田宿は現在の市街中心部にあたる。
  • そもそも増田さんと平子さんが知り合いだという証拠はありませんしね。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • 自分も知ってるが、殺された増田秘書さんは地元の人たちに人気があった。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • それと同じ頃、闇夜の海上には増田さんを乗せた船が接近しています。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • いずれにしても犯人グループは増田さんを車ごとどこかに隠した。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • その増田でさえ、殺されなければならないような状況があったということだ。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • 増田の組手スタイルは、長い選手生活の中で常に変化し続けてきた。
  • するとどうだろう増田長盛ながもりめが、ちゃんと遣って来ているではないか。 国枝史郎『血ぬられた懐刀』より引用
  • その時、増田さんは何か言っておきたかったにちがいありませんよ。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • 確かに、増田を殺害するのに廣部代議士が自ら手を下すことはなかった。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)下』より引用
  • 大使館員の増田は、すぐ、ブビアとの国境沿いの村にある病院に向った。 西村京太郎『十津川警部・怒りの追跡(下)』より引用
  • その中で、増田町と隣接の閖上町は仙台市と組合警察を作ることを選択した。
  • 増田の事件がその後どうなったかだけでも、教えてもらえるかもしれない。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • ゴルドーとの対戦は延長2回で、増田が勝利を得たが大変な試合であった。
  • さらには吉田派の派内で広川弘禅と増田甲子七の派内抗争が表面化した。
  • 酒に酔った声も、流行歌の歌声も、増田中尉の耳に残って消えなかった。 高木俊朗『インパール』より引用
  • 増田光城君、この人はなかなか綿密な人で作もまた驚くほど綿密であった。 高村光雲『幕末維新懐古談』より引用
  • 増田氏は雑誌社を経営してゐる他に、色々な会社へ頭を突込んでゐる。 薄田泣菫『茶話』より引用
  • 次へ »

増田 で始まる単語