増殖因子

59 の用例 (0.01 秒)
  • そのため、神経伝達物質や細胞増殖因子とホルモンを特に区別しない場合もある。
  • では、アンジオポエチン系は血管内皮細胞増殖因子系と機能的にどう異なるのか?
  • 正常な細胞は、血清中の増殖因子が使い果たされた時点で、増殖は停止する。 鈴木光司『ループ』より引用
  • 増殖因子が細胞外領域にある受容体に結合すると、受容体は活性化して細胞膜上を移動し、他の受容体に結合して二量体を形成する。
  • また、いくら大量の増殖因子を与えても、シャーレの中で重なって増えることはない。 鈴木光司『ループ』より引用
  • 肝細胞増殖因子の場合は、腫瘍化はしないとされているが、脊髄損傷直後でないと治療効果が発現しにくいとされている。
  • 内分泌部の研究員を経て、治療研究室の室長、内分泌部の部長や細胞増殖因子研究部の部長などを歴任する。
  • 成長因子・増殖因子という語は増殖を促進することを意味するが、サイトカインはそのような意味を含まない。
  • 多細胞生物の場合、細胞外の空間を充填する物質であると同時に骨格的役割、細胞接着における足場の役割、細胞増殖因子などの保持・提供する役割などを担う。
  • 線維芽細胞増殖因子は1973年アーメリンによって下垂体抽出物中に発見された。
  • COX-2はサイトカインや増殖因子などの刺激により発現が誘導されることが知られている。
  • 上皮細胞増殖因子などの細胞の増殖シグナルの阻害や癌細胞の直接傷害により治療する。
  • インスリン受容体やインスリン様増殖因子のように、細胞外領域が分離独立し、ジスルフィド結合で受容体本体に結合する構造をとるものもある。
  • sCD23はB細胞に対する増殖因子として機能し、IgEの合成を促進する。
  • 血小板由来増殖因子や血管内皮細胞増殖因子が肺で除去されないため、ばち指を起こすという説がある。
  • 類上皮細胞やマクロファージから分泌される内皮細胞増殖因子の関与も疑われる。
  • プトレシンは最も単純なポリアミンの1つであり、ポリアミンは細胞分裂に必須な増殖因子であるとされている。
  • 生化学では受容体とは、細胞膜、細胞質または核内にあるタンパク質で、それに特異的な物質、すなわち神経伝達物質、ホルモン、細胞増殖因子その他の物質を結合し、細胞の反応を開始させるものを呼ぶ。
  • 増殖因子や細胞毒性因子も分泌される場合がある。
  • 血管新生を促進する作用を持った増殖因子である血管内皮増殖因子は癌細胞などにより産生されることが知られている。
  • 次へ »