墓所が造営

5 の用例 (0.00 秒)
  • 境内から築地塀で隔てられた場所に蜂須賀家代々の墓所が造営された。
  • 万治4年秀宗が没し、墓所が造営されると浄妙山等覚寺と改称された。
  • 池田家の菩提寺ではあるが墓所はここにはなく、鳥取市国府町奥谷に墓所が造営された。
  • 寺院と藩主家の墓域とを築地塀で隔てて墓所が造営され、以後、13代斉裕までの墓が築かれた。
  • 利長の三十三回忌にあたる1646年に、3代藩主前田利常により、高岡城の南約1kmの場所に新たに墓所が造営され、墓所とその西にある瑞龍寺とを結ぶ参道として整備された。