境地を切り開い

18 の用例 (0.00 秒)
  • それらの鍛錬の結果水墨画の世界に境地を切り開き作家となる。
  • このアルバムによってクラッシュはバンドとしての新境地を切り開き、それまで以上に高い評価と商業的成功を勝ち得た。
  • また、ツイッター、Facebookも始め新たな境地を切り開いている。
  • また最晩年の1977年に書かれた「ピアノ協奏曲第2番」では、弟子たちや息子より数十年遅れて十二音技法による作曲を試みており、作品数は少ないながらも新境地を切り開いていることは大いに注目に値する。
  • 続いて2000年に発表したLiquidでは全編に渡りブルースを積極的に取り入れるなどさらなる新境地を切り開いていった。
  • やはり同年の作である『小堀遠州』は水墨画風の洒脱や軽妙を見せるもので、画家が新たな境地を切り開いたことを示す。
  • 特に、小津安二郎の『風の中の牝鶏』では田中絹代と共演し、子供の医療費のために一度だけ売春した妻への、怒りに苦しむが愛情を取り戻していく帰還兵を演じ新境地を切り開いた。
  • ソプラノ的な唱法でクラシックの曲に日本語詞をつけて歌うというユニークなスタイルで新境地を切り開いた。
  • 師である前田青邨を彷彿とさせる華麗な武者絵や、日本古代の人物たちを題材にした素朴な歴史画を中心に端正で味わいのある独自に境地を切り開き、武者絵の後世に残る画法を確立した。
  • 強い隠逸志向と信仰に裏付けられた閑寂な境地を切り開いた。
  • そうした中には独自の境地を切り開いた画家も少なくないが、半古もその一人で、明治38年9月の日本絵葉書展覧會における上位二賞入選作11点のうち、半古の作品が4点を占めている。
  • 茶人としても独自の境地を切り開き、武家茶の湯の大成者は千利休でも古田重然でもなく、秀吉であるとする評価もある。
  • 書道は、はじめ加茂流を学び、更に近衛家や他に伝わる空海・小野道風らの書に学び独自の境地を切り開いた。
  • しばらくスランプ状態が続いたが、新宿歌舞伎町で活躍する女性探偵「村野ミロ」シリーズを掘り下げ、独自の境地を切り開いたり、女子プロレスを舞台にした『ファイヤーボール・ブルース』で読者層を広げていく。
  • 「オプーナ」では生楽器とエレクトロニカを融合したシリアスでリリカル、それでいて牧歌的心象風景を感じさせるサウンドで新境地を切り開いてみせ、「朧村正」では非西洋的時間の流れを湛えた独創的な曲を聞かせている。
  • ペキンパーは本作品でスローモーション撮影と当時のカラー映画最多の3600カットを駆使し、アクション映画における暴力描写に新境地を切り開いた。
  • これらの詩集においてヴェルハーレンは「都市」と「農村」を対峙させ、「農村」の血肉を食らって生きる「都市」とそれによって荒廃する「農村」をおどろおどろしく描き出し、自然主義から脱して独自の境地を切り開いた。
  • DJバルタザールとの共演は、3万人以上を動員した彼らのブルガリア国内でのツアー「Welcome To The Loop」および「Red Line」においてディープ・ゾーン・プロジェクトの新境地を切り開いた。

境地を切り開い の使われ方