境内

全て 名詞
13,532 の例文 (0.03 秒)
  • 男たちの姿が階段の下に消えた後、ゆっくりと、文吉は境内に出て行った。 ...
  • 柵を乗り越えて境内に入った時には、すでにあたりは薄暗くなっていた。 ...
  • もう山山は夕闇に包まれていると云うのに、境内には光があったのである。 ...
  • 神社か寺の境内のような感じもするが、そう限定する必要はない。 ...
  • そして境内には高さ三間以上の樹木を見る事が出来ないのである。 ...
  • ソレは俺たちの行動を見透かすように、境内ではなくこの池に現れていた。
  • ふと、耳を澄すと、その時神社の境内から拍手のような音が聞えて来た。 ...
  • 白髪神社の境内は、南北が高さ二丈ばかりの崖となり、東西が狭い通路。 ...
  • 神殿の境内で戦闘の音がしたというのは彼がひきいる軍勢に違いない。
  • 今日は何かのお祭りにでもあたっているのだろうか、境内には人が大勢歩いている。 ...
  • 家の傍に大きい寺院があって、その境内に大きい銀杏の樹があった。 ...
  • 私は或る神社の境内にはいって、ぼんやり歩いてるのであった。 ...
  • 源義は近くの神社の境内に入ると、初めて話の続きをはじめた。 ...
  • 良参寺のあの境内けいだいに、きっと自分たちの墓は建てられたことだろう。 ...
  • 東京ドームの後方の地にある寺を探し当て、寺の境内けいだいにある墓地に行った。 ...
  • 儀式が行なわれる時刻が迫っていて、平来ポンライの市民たちはもう境内に集まっていたのだ。 ...
  • 境内を迂回し、池に辿り着いた彼女セイバーが見たものは、巨大な肉塊だった。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:境内