境内都市

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • そのため境内都市は、文化的な機能を持つ都市という機能を有していた。 ...
  • 規模が大きいものを宗教都市・境内都市として定義する場合がある。 ...
  • 境内都市は、日本史上の歴史的概念で、中世における都市の特徴のひとつを示す。 ...
  • 地侍らは境内都市根来の富力を背景に和泉南部へと勢力圏を拡大していった。 ...
  • また、この軍事力を背景として境内都市はしばしば域外権力の支配を受けない独立したアジールとなっていた。 ...
  • 「境内都市」は、もちろん個別に規模は異なるものの、大きなものは10万人以上の人口を持っていたものと考えられている。 ...
  • 境内都市は、多くの場合、軍事的機能をも併せ持っていた。 ...
  • 境内都市は、大寺院・大神社などの宗教的組織を基盤に置いて成立した都市であり、大きな寺社は日本の中世において「学究の場」として大きな地位を占めていた。 ...
  • 境内都市は、そこに集中された学識に基づく実用的な学問と、宗教組織が要請する高度な工業的スキルを持つ職能集団に裏打ちされた、高度な工業的生産能力を持っていたことから、工業生産地としても高い地位を維持していた。 ...
  • 「境内都市」は、日本史学者の伊藤正敏が指摘して成立しその後支持者が増えている概念だが、伊藤正敏本人は自著で「正直言ってなぜ筆者が初めてだったのか理解できない」と述べている。 ...
  • 境内都市は、大寺院・大神社などの宗教的組織を基盤に置いて成立した都市であり、大きな寺社は日本の中世において朝廷・武家とならぶ「寺社勢力」という大きな政治的勢力となっていたことから、境内都市はそれらの寺社の政治権力の中心たる政治的都市という機能を有していた。 ...
  • この「学究の場」「文化的機能」は、単に宗教的な意味あいであるにとどまらず武術・医学・土木・農業などの実学をも含んでいたことから、境内都市は単なる政治的・宗教的都市であるだけではなく、経済的にも大きな存在として発展する原動力となった。 ...
  • また、衆徒・神人とよばれる俗人を多数配下において大人口を誇り、経済・学問・工芸活動などが盛んだった寺社周辺は、近年の日本歴史学で「境内都市」と呼ばれる一大メガロポリスであった。 ...
  • 伊藤正敏は、この時期の東大寺の境内、東大寺郷は都市化、宅地化した都市であるとし、東大寺を含む中世寺社境内に発達した都市を「境内都市」と名付けた。 ...
  • これを「境内都市」という。 ...