境内西側

27 の例文 (0.00 秒)
  • 寺は西陣地区の東方に位置し、千本通りに面した境内西側に門を開く。 ...
  • また、境内西側において境界と見られる柱跡が発見されたことから、寺には板塀が巡らされていたと推測される。 ...
  • 境内西側は氷室池を中心とした庭園であり、池に面して楼閣風の観音堂が建つ。 ...
  • また、現在の神宮の入り口は境内西側に国道8号に面して設けられているが、古くは東側にあったとされている。 ...
  • 境内西側は小高い丘になっており、かつて西側に流れていた玉櫛川の堤防跡であり、現在ではここだけにしか残っていないとされる。 ...
  • 上記のほか、境内西側に旧霞ヶ浦海軍航空隊の営内神社であった霞ヶ浦神社の本殿が保存されている。 ...
  • 境内西側に本堂、東側に輪王殿がある。 ...
  • 現在、佐具叡神社は佐倍乃神社に合祀され、社殿は境内西側に鎮座している。 ...
  • 以前は境内西側に釈迦を祀った子安堂が存在したが、老朽化等のため、本堂新築時に統合された。 ...
  • なお、2003年度には境内西側で発掘調査が実施され、寺社に関連する中世期の屋敷地が検出されている。 ...
  • また、境内西側には、徳風会式吉相墓の境内墓地がある。 ...
  • 平成15年には、境内の一部が、新設される大分中央幹線道路の予定地にかかったため、社殿を改築し境内西側に移した。 ...
  • 境内西側には京都市天然記念物のクスノキの巨木が5本ある。 ...
  • そして、寛永年間に佐渡の旧神領地の鳥居ケ原から奉納された榁の大木を使用して、現在の大鳥居が境内西側に建てられたと伝える。 ...
  • 境内西側からは法隆寺の創建伽藍出土瓦と同型の手彫り忍冬唐草文の軒平瓦が出土している。 ...
  • 境内西側100mほどの葛西清重の墳墓跡と呼ばれる場所には、寛永8年建立の五輪塔1基と明治に大槻文彦らが建てた墓碑がある。 ...
  • これらの中世仏教建築群に対し、境内西側には方丈、庫裏及び客殿など、僧の生活空間である近世建築群があり、庭園や茶室もある。 ...
  • 次へ