境内絵図

7 の例文 (0.00 秒)
  • 元亨3年から建武2年ぐらいの間に成立した「円覚寺境内絵図」に「六国見」と記載されているのが資料上の初見とされている。 ...
  • 室町時代初期の「松尾神社境内絵図」では、櫟谷社・宗像社両社は独立社殿ながら隣接して描かれている。 ...
  • 元亨3年、額安寺と土地の地頭が金岡庄を検分し、それを記録したとされる西大寺観音院境内絵図によれば、境内に市場があり、酒屋・魚屋・餅屋・筵屋・鋳物師などの商人が店を開き繁栄していた。 ...
  • なお室町時代初期の「松尾神社境内絵図」によれば、かつての社殿としては本殿・拝殿のほか、假殿・庁屋・講坊・贄殿等があった。 ...
  • 元亨2年の西大寺境内絵図では、西大寺門前町には定期市が立ち、市場数は2反で、金岡庄の地頭方と領家方に分かれていた。 ...
  • thumb|270px|金刀比羅神社境内絵図thumb|270px|大正期の金刀比羅神社参道正面 thumb|270px|大正期の金刀比羅神社拝殿と回廊 京丹後市峰山町の金刀比羅神社は、文化8年峯山藩7代藩主京極高備の命によって創建された。 ...