境内摂社

全て 名詞
28 の例文 (0.00 秒)
  • 狭山神社の境内摂社である狭山堤神社についても、本記事で記述する。 ...
  • 同年9月には歴代藩主を祀る境内摂社として金谷神社が創建された。
  • 本社の境内にあるものを境内摂社または境内社、境外に独立の敷地を持つものを境外摂社または境外社という。 ...
  • 宇夫階神社では昭和に入っていくつかの境内摂社が合祀奉斎されているほか、境内末社も多数散見される。 ...
  • 宇夫階神社の境内摂社であり、江戸時代の古図に描かれていることから、江戸時代には境内に摂社として存在し、御祭神は大物主神。 ...
  • また、氣比神宮境内摂社の角鹿神社はその政所跡であるとし、現在は都怒我阿羅斯等が祭神とされている。
  • 平将門神霊は境内摂社に遷されたが、太平洋戦争後の1984年になって本社祭神に復帰した。 ...
  • 新宮坂の「新宮」は熱田神宮の境内摂社である南新宮社を意味し、同社から東に下る坂道に沿う辺りに位置していたことによる。 ...
  • なお、寛政元年に山頂が遠すぎるということで西宮神社に勧請し、境内摂社六甲山神社として祀られている。 ...
  • 境内摂社「下の宮」に対し本宮を「上の宮」と称するのは、伊勢神宮の内宮・外宮に倣ったとする説がある。 ...
  • 中世以降も『太平記』等に熊野詣の途上に切目王子に参詣したとの記述が見受けられ、『紀伊続風土記』は境内摂社として大塔宮社があったと記している。 ...
  • 境内摂社として、当社拝殿の奥に「八百萬神社」がある。 ...
  • しかし1968年に「城南宮」に復し、「真幡寸神社」はその境内摂社として境内に新たに社殿を設けて奉祀されることになった。
  • 榎本神社は、奈良県奈良市にある春日大社の境内摂社である。
  • 慶応4年5月の水害で社地が崩壊したため、近隣の八坂神社境内に遷祀され、さらに1909年に八坂神社が上三栖の珠簾神社に合祀され、以後、同神社の境内摂社である。 ...
  • 後一条天皇の時代に津島神社の境内摂社「居森社」から勧請したもので、祭神は牛頭天王とされていたが、神仏分離以降は祭神は「居茂利大神」とされ、この神名は素盞嗚尊の別称とされている。 ...
  • また、大正12年の境内摂社稲荷社の本殿改築及玉垣新築に際して、海軍中将鈴木貫太郎の名で奉納した玉垣石が残されている。 ...
  • 次へ